コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタウルフ Ataulf

3件 の用語解説(アタウルフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アタウルフ【Ataulf】

?‐415
西ゴート王国の王。在位410‐415年。412年に部族を率いてガリア南部地方に定着し,414年には,先王の時代に都市ローマから拉致した皇帝の妹ガラ・プラキディアを妃として,支配の正当性を印象づけようとした。彼が,ローマ帝国を滅ぼすのではなくむしろその再興者たらんと志し,ローマ人の法とゴート人の武力とによってこれを実現すべきだという所信を述べたことは,広く知られている。【中村 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタウルフ
アタウルフ

アタウルフス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アタウルフ
あたうるふ
Atawulf
(?―415)

西ゴート国王(在位410~415)。西ゴート人を率いてイタリアに侵入した義兄弟アラリックの死後、王に選ばれ、臣民を率いてアフリカに渡ろうとしたが失敗、北進して412年南フランスに侵入した。最初はガリアの皇帝僭称(せんしょう)者ヨウィヌスと結んだが、のち西ローマ皇帝ホノリウスの側に寝返り、アクィタニア地方を占拠するとともに、414年人質の皇帝の妹プラキディアと結婚して、独立王国の樹立を意図した。しかし、皇帝の命を受けた西ローマの将軍コンスタンティウスにより、アクィタニア地方から駆逐され、バンダル人の占領していたスペインに進出、415年ここに王国を建てたが、同年バルセロナで家来に殺害された。[平城照介]
『P・クルセル著、尚樹啓太郎訳『文学にあらわれたゲルマン大侵入』(1974・東海大学出版会) ▽H・シュライバー著、岡淳・永井潤子・中田健一訳『ゴート族』(1979・佑学社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアタウルフの言及

【ローマ】より

…西ゴートはその後南イタリアにいたが,ローマと条約を結んでガリアに移動した。その地でアタウルフ王は人質として連行していたガラ・プラキディアと正式に結婚した。彼女はアタウルフ王の死後ローマに送り返され,将軍コンスタンティウスと結婚,のちのウァレンティニアヌス3世を生んだ。…

※「アタウルフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アタウルフの関連キーワードペラヨロドリゴ西ゴートゴート族西ゴート族指定席/ショートショート王国アウィトゥストレド会議西ゴート王国レカーレド

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone