コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダムスストークス症候群 アダムスストークスショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

アダムス‐ストークス‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【アダムスストークス症候群】

心臓の拍動に異常があって脳へ流れる血液が不足するために起こる意識障害。19世紀、英国の外科医アダムス(R.Adams)と内科医ストークス(W.Stokes)がそれぞれ報告。
[補説]洞不全症候群房室ブロック心室細動心室頻拍などの不整脈に伴って出現する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アダムスストークスしょうこうぐん【アダムスストークス症候群】

頻脈や徐脈による脳の血流循環不全によって生ずる意識障害。 〔名称は一九世紀の報告者 R. Adams および W.Stokes による〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アダムスストークス症候群の関連キーワードストークス(William Stokes)子どもの失神補説徐脈