アダムスストークス症候群(読み)アダムスストークスショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

アダムス‐ストークス‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【アダムスストークス症候群】

心臓の拍動に異常があってへ流れる血液が不足するために起こる意識障害。19世紀、英国の外科医アダムス(R.Adams)と内科医ストークス(W.Stokes)がそれぞれ報告。
[補説]洞不全症候群房室ブロック心室細動心室頻拍などの不整脈に伴って出現する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android