アダムスストークス症候群(読み)アダムスストークスショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

アダムス‐ストークス‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【アダムスストークス症候群】

心臓の拍動に異常があって脳へ流れる血液が不足するために起こる意識障害。19世紀、英国の外科医アダムス(R.Adams)と内科医ストークス(W.Stokes)がそれぞれ報告。
[補説]洞不全症候群房室ブロック心室細動心室頻拍などの不整脈に伴って出現する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アダムスストークスしょうこうぐん【アダムスストークス症候群】

頻脈や徐脈による脳の血流循環不全によって生ずる意識障害。 〔名称は一九世紀の報告者 R. Adams および W.Stokes による〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android