コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダムズブリッジ Adam's Bridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダムズブリッジ
Adam's Bridge

スリランカ北西部のマンナール島と,インド南東部のラメスワラムとの間をつなぐ一連の砂州と浅瀬。長さは 48kmをこえ,かつてインドとスリランカが陸続きであったことの地質学的な証拠とみなされている。深いところでも 1m前後の浅瀬で,南のマンナール湾と北のポーク湾とを分け,小型船以外は航行できない。『ラーマーヤナ』のラーマが,スリランカに連れ去られた妻のシーターを救い出すため,サルの助けを得て築いた巨大な道の名残りであるといわれ,またイスラム伝説では,アダムがここを渡り,アダムズピークに到達したとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アダムズ‐ブリッジ(Adam's Bridge)

スリランカ北西部、ポーク海峡を横切る砂州と浅瀬の連なり。マンナール島からインドの南東部のパーンバン島に向かって、約30キロメートルにわたって伸びる。水深は浅く、船舶の航行は困難。名称は、アダムズピーク山に向かうアダムが渡ったという伝説にちなむ。インドの叙事詩ラーマーヤナに登場することからラーマズブリッジともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android