コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダムズ・ブリッジ あだむずぶりっじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アダムズ・ブリッジ
あだむずぶりっじ
Adam's bridge

スリランカ北西部のマンナール島と、インド南東部のパムバン島をつなぐ長さ約30キロメートルの浅瀬。ラーマズ・ブリッジともいう。いくつもの砂州が連なり、水深はきわめて浅い。マンナール、パムバン両島までは鉄道が通じており、海上は鉄道連絡船が航行する。伝説によれば、この浅瀬は、古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』の英雄ラーマが、誘拐された妻シータを救出する軍隊を通すため、猿王(えんおう)ハヌマーンにつくらせた堤道の名残(なごり)であるという。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアダムズ・ブリッジの言及

【ポーク海峡】より

…海峡全体が大陸棚にあるうえ,カーベーリ川,バイガイ川などから大量の土砂が流入して海峡の両側から巨大な砂嘴(さし)がのび,また水深が10mと浅いため大型船舶の航行は不可能である。海峡北部ではインド側からカリメール岬,スリランカ側からペドロ岬が向かい合い,また南部には小島が連鎖してアダムズ・ブリッジAdam’s Bridgeと呼ばれる。インド側の突端にある巡礼地ラーメーシュワラムとスリランカのタライマンナールとの間を約3時間で連絡船が結ぶ。…

※「アダムズ・ブリッジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アダムズ・ブリッジの関連キーワードマンナール湾スリランカポーク海峡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android