コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッシリア語 アッシリアごAssyrian language

4件 の用語解説(アッシリア語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッシリア語
アッシリアご
Assyrian language

古代メソポタミアアッシリアに行われた言語。バビロニア語と並んでアッカド語の二大方言を形成する。アフロ=アジア語族のセム語派に属する。前 2000年頃から前6世紀頃まで行われ,古期,中期,後期に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アッシリア語【アッシリアご】

アッカド語の北方方言で死語。楔形(くさびがた)文字を用いた。〈カッパドキア文書〉に始まる豊富な資料を有し,前20世紀から前6世紀ころまで用いられた。後代ではアラム語化が著しい。
→関連項目ギルガメシュ叙事詩バビロニア語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アッシリアご【アッシリア語 Assyrian】

アッカド語の一方言で,北メソポタミアを中心に用いられた。〈アッカド語〉の項目を参照されたい。【中田 一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッシリア語
あっしりあご
Assyrian

古代メソポタミアの北西部で使われた言語。南東部のバビロニア語とともにアッカド語と総称される。紀元前2000年以前は記録資料も少なく、バビロニア語との相違もはっきりしない(この段階のものを古アッカド語と称する)が、それ以後は古アッシリア語(前2000~前1500)、中期アッシリア語(前1500~前1000)、新アッシリア語(前1000~前600)という時代区分がなされている。[田中利光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアッシリア語の言及

【アッカド語】より

…最古のアッカド語は古アッカド語と呼ばれ,先サルゴン期からサルゴン期を経てウル第3王朝時代末ころ(前2500‐前2000ころ)までの王碑文,経済文書,若干の書簡などから知られる。その後アッカド語は,南のバビロニア語(正確には方言)と北のアッシリア語(正確には方言)に分かれる。古アッカド語とバビロニア語およびアッシリア語との系譜関係は必ずしも明らかでない。…

※「アッシリア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone