アドネ・ル・ロア(英語表記)Adenet le Roi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドネ・ル・ロア
Adenet le Roi

[生]1240頃
[没]1300頃
フランスの吟遊詩人。ル・ロア (王) はこの詩人に常につけられている称号で,吟遊詩人の統領という意味。フランドル伯,ブラバント公やフランス王妃の庇護を次々と受け,チュニジア遠征の十字軍にも参加,イタリアやシチリアを旅行。作品には 1269年頃からの執筆と推定されるシャルルマーニュの母を主人公にした武勲詩『大足のベルト』 Berte aus grans Piés,12世紀の武勲詩の改作『オジエの幼年時代』 Les Enfances Ogierがあり,晩年の古代模倣の長編物語『クレオマデス』 Cléomadès (1275~85) は冒険物語的要素が濃い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android