コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナバチ(穴蜂) アナバチdigger-wasp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナバチ(穴蜂)
アナバチ
digger-wasp

膜翅目ジガバチ科の昆虫のうち,地中などに穿孔して営巣するクロアナバチSphexなどの狩人蜂の総称。体長 20~35mmほどで大型ないし中型。いずれもキリギリス類昆虫を幼虫の食物として狩る。クロアナバチ S.argentatusは日本全土,台湾に広く分布する体長 25~30mmの大型種。ツユムシ類,ウマオイ,クダマキモドキなどを狩る。キンモウアナバチ S.flammitrichusはより大型の種で,前伸腹節に金色長毛を密生する。本州南部から台湾にかけて分布し,クダマキモドキを狩る。自分の体よりはるかに重く大きい獲物を運ぶが,触角をくわえ獲物にまたがって持上げ,木の上によじのぼり滑空したりして,遠距離輸送を行う。ササキリやウマオイを狩るコクロアナバチ Isodontia nigellaは他の虫のあけた枯れ木の小孔や竹筒を利用して営巣し,巣房の仕切り枯れ草やコケを用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナバチ【アナバチ(穴蜂) digger wasp】

膜翅目ジガバチ科の昆虫の中で,砂質土壌や腐朽材,植物の髄質に穴を掘って巣をつくる単独性カリウドバチの一群。代表種にジガバチイラスト),クロアナバチ(イラスト),ツチスガリハナダカバチなどがある。体は細長く,腹部第2節が細い柄となるものもある。体は黒色(ときに金属光沢を有する)で黄色や赤色の斑紋を有し,体長は3~35mm。地中営巣する種は,たて坑から数本の分岐坑を掘り,その先に各1個の育房をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone