コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバ Aba

翻訳|Aba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバ
Aba

ナイジェリア南部の工業都市。ポートハーコート北東約 60km,アバ川西岸に位置。かつてイボ族の交易地であったが,20世紀初期にイギリスが進出し都市を建設。 1915年ポートハーコートを起点とする鉄道がアバまで建設され,16年さらにエヌーグーまで延び,道路も建設されて急速に発展。パーム油パーム核などの集散地で,南方の油田地帯を控え,大規模な石鹸工場,家具製造,繊維,プラスチック,醸造などの工業がある。人口 26万 3800 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アバ(Aba)

ナイジェリア南部、アビア州(旧イモ州東部)の都市。アバ川沿いに位置する。20世紀初めにポートハーコートと鉄道で結ばれ、農産物の集散地として発展。現在は同国南部を代表する商工業都市の一つ。

アバ(Ava)

インワ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アバ

スウェーデンの世界的ポップ・グループ。ビョルン・ウルバオスBjorn Ulvaeus〔1945-〕,ベニー・アンダーソンBenny Andersson〔1946-〕,アグネタ・ファルツホッグAgnetha Faltskog〔1950-〕,アンニ・フリッド・リングスタッドAnni-Frid Lyngstad〔1945-〕の男女4人によって1973年結成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アバ【aba】

アラビア・トルコ・北アフリカなどのイスラム教徒が用いる、ゆったりとした四角形の外衣。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアバの言及

【筏】より

…これまでの過程は,カワガリ(川狩)人夫である運材稼業者の手で行われ,その運材法をセキ(堰)ナガシ,クダ(管)ナガシという。水量豊かな本流の適地をアバ(網場)といい,網を張って集材する。ここからいかだ師の手にゆだねられる。…

【川狩り】より

…これをミダレナガシ(乱流),バラナガシ(散流)といったりした。このようにして流された木材を,中流ではアバ(網場)と呼ばれた場所に網を掛け,そこでせき止め集結してはじめていかだに編束するというのがよく見られた川狩りの要領であった。岐阜県白川では川狩りをカワサゲ(川下)とも呼んだが,アバのことをマキ(巻),網をカリアミ(狩網)といったという。…

※「アバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アバの関連キーワードシン・マハー・ティーラウンタ中国人実習生の賃金未払い問題ナレースエン・マハラートサマー・ナイト・シティテイク・ア・チャンスダンシング・クイーンラッセ ハルストレムムハンマド・アフマド恋のウォータールーカバ(コショウ科)ギミ!ギミ!ギミ!プロコピエフスクダンマゼーディーノボクズネツクアラウンパヤーわがシッドの歌ハング・アップニャウンヤン朝チャン(羌)族コンバウン朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アバの関連情報