コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマッド・シャー・ドゥラーニー アフマッド・シャー・ドゥラーニーAḥmad Shāh Durrānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフマッド・シャー・ドゥラーニー
Aḥmad Shāh Durrānī

[生]1722
[没]1772頃
アフガニスタン,ドゥラーニー朝の創始者 (在位 1747~72頃) 。ナーディル・シャーの暗殺後,その将であったアフガン系アブダリー族のアフマッドはアフガニスタンに戻り,カンダハールで即位して,ドゥラーニー朝を創設。ホラーサーンに進出して,その地を支配下に収めたほか,しばしばインドに侵入し,1757年にはデリー,アーグラなどを略奪した。 61年古戦場パーニーパットで彼の軍勢とマラータとの間で行われた決戦は特に有名。この敗戦を機としてマラータの勢力拡大は頭打ちとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アフマッド・シャー・ドゥラーニーの関連キーワードバーラージー・バージー・ラーオアフガニスタン史

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android