コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマディネジャド アフマディネジャド Afmadinejad, Mahmoud

3件 の用語解説(アフマディネジャドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフマディネジャド
アフマディネジャド
Afmadinejad, Mahmoud

[生]1956.10.28. ギャルムサール
イランの政治家。大統領(在任 2005~13)。鍛冶職人の子として生まれ,テヘランで育つ。1976年イラン科学技術大学 IUSTに入学し,土木工学を専攻。1978~79年のイラン革命に際しては,学生指導者の一人としてデモ隊を組織した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アフマディネジャド

イランの政治家。ギャルムサール生れ。イラン科学技術大学卒業。革命防衛隊勤務を経て,1993年-1997年アルダビール州知事,2003年テヘラン市長,2005年6月の大統領選挙で穏健・現実派のラフサンジャニ最高評議会議長(元大統領)を破って当選し,2005年8月就任。
→関連項目イラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフマディネジャド
あふまでぃねじゃど
Mahmoud Ahmadi Nejad
(1956― )

イランの政治家。2005年6月の大統領選決選投票で、大統領経験のある最高評議会議長ラフサンジャニに圧勝し、8月、大統領に就任。2013年まで二期政権を運営した。「文明間の対話」を訴えた改革派の前大統領ハタミとは対照的に、「故ホメイニ師の革命理念に帰れ」と主張する保守強硬派である。「イスラエルを地図から消し去るべきだ」と発言したり、核兵器製造につながるウラン濃縮を再開するなど、国際社会の悪役を演じており、イランの孤立化に拍車をかけた。
 中部セムナン州ガルムサルの鍛冶(かじ)職人の家に生まれたが、1歳で家族とともにテヘランに移住。科学産業大学卒業後、同大学工学部の講師を務めながら、交通工学で博士号を取得した。1979年のイラン革命後、政教一致のイスラム法学者統治に絶対の忠誠を誓う革命防衛隊に入隊。イラン・イラク戦争(1980~1988)に参加したほか、在イランアメリカ大使館人質事件(1979~1981)に関与したとの証言もある。
 政治家としては、地方都市の首長として経験を積み、1993年に北西部アルダビール州の知事に就任。2003年には首都テヘランの市長となった。市長時代は清貧を信条として市長報酬を返上、富裕層から徴収した金で低所得者層を救済するなど、「イランのロビン・フッド」とよばれたこともある。しかし、大統領就任後、国威発揚のためウラン濃縮を再開して、欧米諸国から経済制裁を受けた。イラン憲法下では大統領の連続三選が禁じられているため、任期の2013年8月で退任した。[宮明 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフマディネジャドの関連キーワードギャルギャルソンギャルソンヌキャンギャル子ギャルギャル男端ギャルジャルム・ブラックジャルム・メンソールアーベ・ギャルム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフマディネジャドの関連情報