コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカーナー

百科事典マイペディアの解説

アフリカーナー

ボーア(ブール)Boer人とも。南アフリカ共和国のオランダ系白人。同国白人人口517万人(1994)の約60%を占める。アフリカーンス語を話す。17世紀半ばに始まるオランダ植民者とその子孫で,ケープ植民地を形成。
→関連項目アパルトヘイトオレンジ自由州[州]デ・クラーク南アフリカ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカーナー
あふりかーなー
Afrikaners

南アフリカ共和国の白人(全人口約4283万人中544万、1998推計)の約60%を占めるオランダ系白人をいう。もともとは、1652年以来オランダ東インド会社が、喜望峰の船舶中継地への食糧補給のため入植させたブーアとよばれる農民であった。言語は、オランダ語から派生したアフリカーンス語。[渡辺公三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフリカーナーの言及

【ボーア人】より

…ブーア人とも称される。現在はアフリカーナーAfrikanerあるいはアフリカンダーAfrikanderと呼ばれている。ボーアとはオランダ語で〈農民〉を意味し,17世紀にオランダ東インド会社がケープに入植した後,オランダからの移民を奨励し,その移民の多くが農民であったことに由来する。…

【南アフリカ】より

…にもかかわらず,白人は南アフリカ共和国の土地の90%近くを占有している。 白人ではアフリカーナーAfrikaanerとイギリス系白人が多く,その比率は6対4で,アフリカーナーが多数派を占めている。アフリカーナーはかつてボーア人と呼ばれていた。…

※「アフリカーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アフリカーナーの関連キーワード自由州(南アフリカ共和国)近・現代アフリカ史(年表)グレート・トレックH.C. ボスマンブレイテンバッハヨハネスバーグエイブラハムズ南アフリカ文学アフリカ文学ヘルツォークゴーディマクッツェーボーア戦争ボスマンブリンクカフィルフガードボーア

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android