アフリカーナー

百科事典マイペディアの解説

アフリカーナー

ボーア(ブール)Boer人とも。南アフリカ共和国のオランダ系白人。同国白人人口517万人(1994)の約60%を占める。アフリカーンス語を話す。17世紀半ばに始まるオランダ植民者とその子孫で,ケープ植民地を形成。のち英国の支配を嫌って内陸部へ移動(グレート・トレック)し,オレンジ自由国,トランスバール共和国,ナタール共和国を建設したが,ボーア戦争によって英国植民者に敗れた。国民党の基盤をなす。多くはオランダ改革派教会の信徒。
→関連項目アパルトヘイトオレンジ自由州[州]デ・クラーク南アフリカ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカーナー
あふりかーなー
Afrikaners

南アフリカ共和国の白人(全人口約4283万人中544万、1998推計)の約60%を占めるオランダ系白人をいう。もともとは、1652年以来オランダ東インド会社が、喜望峰の船舶中継地への食糧補給のため入植させたブーアとよばれる農民であった。言語は、オランダ語から派生したアフリカーンス語。[渡辺公三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフリカーナーの言及

【ボーア人】より

…ブーア人とも称される。現在はアフリカーナーAfrikanerあるいはアフリカンダーAfrikanderと呼ばれている。ボーアとはオランダ語で〈農民〉を意味し,17世紀にオランダ東インド会社がケープに入植した後,オランダからの移民を奨励し,その移民の多くが農民であったことに由来する。…

【南アフリカ】より

…にもかかわらず,白人は南アフリカ共和国の土地の90%近くを占有している。 白人ではアフリカーナーAfrikaanerとイギリス系白人が多く,その比率は6対4で,アフリカーナーが多数派を占めている。アフリカーナーはかつてボーア人と呼ばれていた。…

※「アフリカーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android