コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフレコ あふれこ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アフレコ

撮影した映像に後から音声や効果音を追加する作業。after-recordingの略といわれるが、和製英語

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アフ‐レコ

《「アフターレコーディング」の略》映画やテレビで、先に画面だけを撮影しておき、それに合わせて音声を録音すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アフレコ

after+recording〕
映画・テレビで、画面だけを撮影し、あとから台詞せりふや音などを録音すること。ポスト-スコアリング。 → プレスコ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフレコ

撮影後,映像に合わせて音やせりふを録音することで,和製英語「アフター・レコーディング」の略。反対は同時録音。本来の英語は,撮影後録音するということだけならポスト・レコーディング post recordingで済むが,撮影と編集が終わった段階で,画像に同調させて新しい音を録音するという意味合いなら,ポスト・シンクロナイゼーション post synchronizationという。日本語のアフレコはむしろこれに近い。ただしこの用語は,せりふの場合に用いられることが多く,編集後の音楽録音は別にポスト・スコアリング post scoringという。また,さまざまな音を録音しておき,撮影後に画像と統合して全体を再構成する手続きはダビング dubbingと呼ぶ。ポスト・シンクロナイゼーションが,映画技術として導入されたのは 1932年から。これによって,録音しにくい場所での撮影や,不十分な録音の修正が可能になったばかりでなく,俳優が歌う場面でプロ歌手の声を流したり,外国映画のせりふを上映国の言語に吹き替え (日本でいう「アテレコ」) たりすることもできるようになり,映画製作に少なからぬ影響を及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアフレコの言及

【映画】より

…単にカットを順番に整理しただけの〈荒つなぎ〉(ラフカット)から完全に編集された〈オールラッシュ〉ができ上がる。次いで,それにダビング(音入れ,音付けのことであるが,俳優が声を吹き込む〈アフレコ〉や,同時録音でとった現実音や,効果音や音楽を合わせて入れる〈ミキシング〉などの作業が含まれる)等々が行われ,磁気録音のシネテープで音の編集(音編)を終えたものを光学転換optical transferして〈サウンド・トラック・ネガチブ〉(いわゆる音ネガ)ができる。そして,オールラッシュに合わせて編集されたネガ(画(え)ネガ)と音ネガを密着させて現像所(ラボ)で現像すると,最初のプリント(ゼロ号プリント)ができ上がり,さらにボリューム(画調),色の盛りぐあいなど細かい手直しを加えて,上映プリントの初号(初号プリント)ができ上がる。…

※「アフレコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アフレコの関連キーワードafter recording杉並アニメーションミュージアム甦れ!ウルトラマン飯田かおりはさば幸代荒井美早登小和田貢平花島直也竹内正男豊原静香前田瀬奈本城星一田上美香松岡美佳金子玲子藤巻るも酒井麻吏桑原一明古川順一安田正利

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アフレコの関連情報