コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブサン absinthe

翻訳|absinthe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブサン
absinthe

アプサント。苦よもぎを主として,その他若干の香料を 70%ぐらいのアルコールに浸漬して造ったリキュールの一種。淡緑色をしており,アニスの香りが強い。食欲増進酒といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アブサン(〈フランス〉absinthe)

ニガヨモギで味つけした、アルコール分70パーセント前後の緑色のリキュール。毒性があるため、現在はアニスなどで味つけした低アルコール度のものをいう。アプサーント。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アブサン

リキュールの一種。ニガヨモギを主体にウイキョウ,アニス等の香料植物の抽出液をブランデーなどに配合して再蒸留する。1730年フランスの医師ピエール・オルディネールによりつくられ,1797年スイスのペルノー・フィス社から発売された。
→関連項目リキュール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

アブサン

 本来,キク目キク科ヨモギ属のニガヨモギ[Artemisia absinthium]の風味をつけたリキュールであるが,その習慣性が指摘されて,現在はアニスの種子アニシードのエキスなどを混合して製造している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブサン【absinthe[フランス]】

ニガヨモギを主体に種々の薬草,香草類をブランデーなどのスピリッツに配合し,再蒸留して造る酒。一般にはリキュールに分類。名称は,ニガヨモギのラテン名アブシンチウムに由来する。やや苦みのある強烈な酒で,緑色を帯びているが,水を加えると乳白色ににごる。アルコール分65~70%。1730年にフランスの医師ピエール・オルディネールによって創製され,97年スイスに創立されたペルノー・フィス社から発売された。その後,解熱用などの薬酒として用いられていたが,麻酔的な酔い心地から愛好者がふえ,1890年代の退廃的雰囲気の中でもてはやされたが,中毒症状を呈するものが続出したため,スイスでは1908年に製造と販売を禁止,15年フランスでも禁止された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アブサン【absinthe】

リキュール酒の一種。ニガヨモギを主成分とした、アルコール分70パーセント前後の緑色の洋酒。アプサン。アブサント。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

アブサン【absinthe(フランス)】


にがよもぎを主に、アニス、アンゼリカフェンネルなどの複数の香草、香辛料をアルコールに浸漬してつくるリキュール。アルコール度数は40~70度で、砂糖を加え、水で割って飲むことが多い。淡い黄緑色で、水を加えると白濁する。18世紀にフランス人の医師ピエール・オルディネールがスイスで薬酒として処方を考案し、1797年にアンリ・ルイ・ペルノが商品化した。フランスをはじめ欧米各国に普及し、多くの芸術家に愛好されたことでも知られるが、にがよもぎに含まれるツヨンが向精神作用を引き起こすことがわかり、長期にわたる習慣的な飲用による中毒性が問題となって、20世紀初頭各国であいついで製造・販売が禁止になり、幻の酒となっていた。その後の研究により規制が見直され、1981年WHOによりツヨンの残存許容量が定められたうえでリキュールににがよもぎを使用することが承認され、現在はその範囲内の製品が製造されている。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブサン
あぶさん
absinthe

アニス系の香りをもつリキュール。18世紀の後半フランスの医師オルジネールが創製したといわれる。本来はアブサン(ニガヨモギ)を用いるが、その成分には習慣性の毒性があるため、欧米諸国では使用が禁止されていたが、その後、条件付きで承認されている。最近ではアニスの実がおもに使用され、これに、カンゾウ(マメ科)、ヤナギハッカ(シソ科)、コエンドロ(セリ科)などの草根木皮類十数種をアルコール分85~90%のスピリッツで浸出してつくる。アルコール分は70~75%あり、緑色の辛口のもので、加水すれば白濁する。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアブサンの言及

【ニガヨモギ】より

…また,ローマ時代から婦人病などの民間薬として栽培された。枝葉に香料を加え,蒸留してアルコールに溶解させたものがアブサンである。苦味配糖体であるアブシンチンabsinthinを含み,大量に摂取すると神経が麻痺するという。…

【薬酒】より

…したがって薬草を酒に浸けこみ薬酒とする技術も古くから開発された。ディオスコリデスの《薬物誌》にみえる例では,白い海藻をブドウ酒に入れ3ヵ月間放置して作る海藻酒(水腫,黄疸,脾臓病薬),過熟しないヨウナシをナナカマド類の実とともにブドウ酒に入れたナシ酒(胃病薬),バラの花を乾燥させてから粉砕し,ブドウ酒に加えたバラ酒(下痢止め),松やにを樹皮とともに細かく刻んで調合したロジン酒(咳止め,浣腸剤),ニガヨモギをブドウ酒に入れて作ったアブサン(肝臓病,黄疸,ヒポコンドリーに有効)など約50種を数える。また野生のキュウリなどを混ぜて作った堕胎酒も載せられている。…

※「アブサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブサンの関連キーワードニガヨモギ(苦艾)スイス史(年表)アブサン物語広島 晃甫パスティス萬 鉄五郎萬鉄五郎カクテルてんかん村松友視苦艾油ジャリ辻邦生食前酒洋酒苦艾ドガ欠神

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アブサンの関連情報