コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブノメ Dopatrium junceum (Roxb.) Buch.‐Hamil.

2件 の用語解説(アブノメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブノメ【Dopatrium junceum (Roxb.) Buch.‐Hamil.】

湿地に生えるゴマノハグサ科の小さな一年草(イラスト)。水田雑草になる。茎は柔らかく円柱状で高さ10~25cm。葉は対生。根ぎわの葉は狭長楕円形で柄がなく,長さ10~25mm,幅3~5mm,鋸歯がない。葉は茎の上方にいくにしたがい小さくなる。夏から秋にかけて葉のわきごとに1花をつける。茎の中部の葉のわきには柄のない閉鎖花をつけ,上部の葉のわきには柄のある正常花をつける。花冠は唇形,淡紫色で長さ5~6mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブノメ
あぶのめ / 虻眼
[学]Dopatrium junceum (Roxb.) Buch. Ham.

ゴマノハグサ科の軟らかな一年草。低湿地や田に生える。葉は狭長楕円(だえん)形で茎の下部に集まり、中部から上はごく小さい。夏、上部の葉のわきごとに1花をつける。花は細い柄があり淡紫色で唇形(しんけい)。茎の中部の葉のわきに無柄の閉鎖花がつく。本州以南および東南アジアの熱帯に分布する。名は閉鎖花の果実がアブの目を思わせるのでいう。また茎をつぶすと音がするのでパチパチグサともいう。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブノメの関連キーワード畦菜瓜草小米草胡麻の葉草紫蘇草常磐黄櫨比翼草虻の眼川萵苣沢唐辛子

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone