コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラハヤ Phoxinus lagowskii steindachneri

世界大百科事典 第2版の解説

アブラハヤ【Moroco steindachneri】

コイ目コイ科の淡水魚。体表に粘液が多く,手で握ったときの感触がぬるぬるするところからつけられた名まえであろう。アブラケアブラメなどアブラのつく異名が多い。尾瀬沼でボヤと呼ばれるものも本種。ほぼ琵琶湖,淀川水系以東・以北の本州に分布し,山地の浅い湖や湧水のある細流などのよどみにすむ。全長7.5~16cm,体は細長く,うろこは細かい。体色は緑色を帯びた黄褐色で背面は濃く,腹面は淡い。体側には側線に沿って暗色の縦帯が走り,その縦帯の上下には不規則な黒点が散らばっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラハヤ
あぶらはや / 油鮠
[学]Moroco steindachneri

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。アブラバエ、アブラメ、ニガバヤ、クソバイ、ノメッチョなどの地方名がある。琵琶湖(びわこ)淀川(よどがわ)水系以東および以北の本州に分布している。全長10~15センチメートル程度。全体に黄褐色で、鱗(うろこ)は小さく体表がぬるぬるしている。静岡県と富山県以西に分布する近縁のタカハヤM. jouyiとよく似ているが、アブラハヤは尾柄(びへい)が低く、側線上部の横列鱗(おうれつりん)数(背びれ基部から側線までの鱗数)が多いので識別できる。川の上流から中流までのよどみに生息するが、タカハヤと共存している川では中流のほうに偏る。またヤマメ、アマゴ、ウグイ、カワムツ、オイカワに対しては、食物獲得競争で両種ともつねに弱者で、共存地では川岸などの条件の悪いほうに集中している。両種とも雑食性で、昆虫類と藻類を主食とする。春から夏に流れの緩い砂礫底(されきてい)に産卵する。食用になるがまずい。北海道の池沼や湿原の流れには同属のヤチウグイM. percnurus sachalinensisが生息する。[水野信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android