アミガサタケ(読み)あみがさたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)「アミガサタケ」の解説

アミガサタケ
あみがさたけ
[学] Morchella esculenta Fr.

子嚢(しのう)菌類、チャワンタケ目アミガサタケ科の食用キノコ頭部と茎の2部からなり、高さ5~8センチメートル。頭部は淡い汚土色で、不規則な形の籠目(かごめ)状のくぼみがあり、もろい肉質で、内部は空洞。茎はやや下膨れの円柱状をなす。子嚢は円筒形で、頭部のくぼみの内面に形成され、その中に8個の無色で楕円(だえん)形の胞子を1列に収める。春のキノコで、4月ごろ雑木林の地上や、庭の木の下などの草に混じって生える。分布は世界的。日本では食用にする習慣はないが、欧米とくにフランスではモリーユmorilleの名で親しまれ、第一級の食用キノコとしてフランス料理で珍重される。英語ではモレルmorel。アミガサタケ属には種類が多く、頭部のくぼみがやや縦長で、くぼみを仕切る稜線(りょうせん)がほぼ縦に走るものがトガリアミガサタケM. conica Fr.で、高さ10センチメートル以上になる。茎が太くて長いものがアシブトアミガサタケM. crassipes Pers.である。ともに食用で、普通にみられる。類似の毒キノコはない。

[今関六也]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アミガサタケ」の解説

アミガサタケ

子嚢菌類チャワンタケ科のキノコ。北半球の温帯以北に多く,おもに春,林内や庭に発生する。高さ8〜20cm。頭部は卵形で綱目状のくぼみがあり,灰褐色。柄は下部がふくらみ,頭部とともに中空。特にヨーロッパでは食用として重用される。近縁にトガリアミガサタケ,オオトガリアミガサタケなどがあり,いずれも生食不可

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「アミガサタケ」の解説

アミガサタケ【morel】

子囊菌類盤菌目チャワンタケ科のキノコ(イラスト)。高さ8~20cmで広卵形の頭部と柄の部分に分かれ,頭部には網目状に粗くくぎられたくぼみがあり,くぼみの内側しわが多く,淡黄色~灰色~汚黄色で,子実層が発達している。柄の部分は白く,下ぶくれで,頭部と同様に内部は空洞である。子実層には楕円形の8個の胞子をもった棍棒状の子囊がならんでいる。全体は淡黄褐色で,質はもろい。学名esculentaは食用の意味で,ヨーロッパでは食用キノコとして珍重されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android