コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミガサタケ

3件 の用語解説(アミガサタケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アミガサタケ

子嚢菌類チャワンタケ科のキノコ北半球の温帯以北に多く,おもに春,林内や庭に発生する。高さ8〜20cm。頭部は卵形で綱目状のくぼみがあり,灰褐色。柄は下部がふくらみ,頭部とともに中空。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アミガサタケ【morel】

子囊菌類盤菌目チャワンタケ科のキノコ(イラスト)。高さ8~20cmで広卵形の頭部と柄の部分に分かれ,頭部には網目状に粗くくぎられたくぼみがあり,くぼみの内側はしわが多く,淡黄色~灰色~汚黄色で,子実層が発達している。柄の部分は白く,下ぶくれで,頭部と同様に内部は空洞である。子実層には楕円形の8個の胞子をもった棍棒状の子囊がならんでいる。全体は淡黄褐色で,質はもろい。学名のesculentaは食用の意味で,ヨーロッパでは食用キノコとして珍重されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミガサタケ
あみがさたけ
[学]Morchella esculenta Fr.

子嚢(しのう)菌類、チャワンタケ目アミガサタケ科の食用キノコ。頭部と茎の2部からなり、高さ5~8センチメートル。頭部は淡い汚土色で、不規則な形の籠目(かごめ)状のくぼみがあり、もろい肉質で、内部は空洞。茎はやや下膨れの円柱状をなす。子嚢は円筒形で、頭部のくぼみの内面に形成され、その中に8個の無色で楕円(だえん)形の胞子を1列に収める。春のキノコで、4月ごろ雑木林の地上や、庭の木の下などの草に混じって生える。分布は世界的。日本では食用にする習慣はないが、欧米とくにフランスではモリーユmorilleの名で親しまれ、第一級の食用キノコとしてフランス料理で珍重される。英語ではモレルmorel。アミガサタケ属には種類が多く、頭部のくぼみがやや縦長で、くぼみを仕切る稜線(りょうせん)がほぼ縦に走るものがトガリアミガサタケM. conica Fr.で、高さ10センチメートル以上になる。茎が太くて長いものがアシブトアミガサタケM. crassipes Pers.である。ともに食用で、普通にみられる。類似の毒キノコはない。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミガサタケの関連キーワード藍茸栗茸茶碗茸作り茸蝉茸針茸アミガサダケキノコシメジマンネンタケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アミガサタケの関連情報