コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカン・サイアナミッド アメリカン・サイアナミッド American Cyanamid Co.

2件 の用語解説(アメリカン・サイアナミッドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカン・サイアナミッド
アメリカン・サイアナミッド
American Cyanamid Co.

アメリカ合衆国のかつての総合化学会社。 1907年設立とともに,ドイツから特許を得て空中窒素の固定,石灰窒素の生産を開始。 1916年アモ・フォスを吸収して窒素,リン酸肥料分野へ進出,さらに合併を繰り返しながら尿素樹脂タール製品メラミン樹脂医薬品分野へ進出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカン・サイアナミッド
あめりかんさいあなみっど
American Cyanamid Co.

アメリカの元大手化学・医薬品会社。化学事業を1993年にサイテック・インダストリーズCytec Industries Inc.として分離、医薬・農薬事業は1994年アメリカン・ホーム・プロダクツ(略称AHP、2002年ワイスと改称)に買収され、うち農薬事業は2000年BASFに売却された。
 アメリカン・サイアナミッドは、1907年ウォッシュバーンFrank Sherman Washburnにより設立され、ドイツから化学者フランク・カロの特許を導入して、カナダのオンタリオ州ナイアガラ・フォールズで石灰窒素の生産を開始した。以後、リン酸肥料など農業分野で事業を拡大したが、1920年代から1930年代にかけて研究開発や企業買収により尿素樹脂、塗料、可塑剤、染料、製紙用化学品、有機酸、火薬、医薬、繊維加工補助剤など特殊化学品やファイン・ケミカルの分野に進出した。なかでもレダリー・ラボラトリーズの買収(1930)は、1948年の抗生物質「オーレオマイシン」の開発などにより、世界的な医薬品事業展開につながった。
 1950年代から1960年代にかけても、メラミン積層板などプラスチック成型品メーカーのフォーマイカ社買収をはじめ、石油化学やアクリル繊維進出、トイレタリー製品メーカーの買収など多角化を進めた。しかし、1970年代から周辺事業の整理に着手、1985年フォーマイカ・ブランドの大部分を売却、リン酸塩など化学事業や肥料事業からの撤退を進め、医薬・農薬への資源集中を図った。1993年、化学・樹脂・繊維事業をまとめた子会社サイテック・インダストリーズを分離、医薬・農薬中心のライフサイエンス企業へ転換したが、1994年アメリカン・ホーム・プロダクツに買収された。
 日本でも、1953年(昭和28)武田薬品工業との折半出資による日本レダリー(1998年に日本ワイスと統合して日本ワイスレダリーとなり、2003年ワイスと改称)を設立しているほか、三井東圧化学(現、三井化学)との折半出資による三井サイアナミッド(1976年設立。1994年三井サイテック、のちにサイテックとの合併を解消し、2006年MTアクアポリマーと改称)などの子会社を有した。[田口定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカン・サイアナミッドの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ米利堅亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone