コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカン・サイアナミッド American Cyanamid Co.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカン・サイアナミッド
American Cyanamid Co.

アメリカ合衆国のかつての総合化学会社。 1907年設立とともに,ドイツから特許を得て空中窒素の固定,石灰窒素の生産を開始。 1916年アモ・フォスを吸収して窒素,リン酸肥料分野へ進出,さらに合併を繰り返しながら尿素樹脂,タール製品,メラミン樹脂,医薬品分野へ進出した。事業内容は農業部門 (肥料,殺虫剤,除草剤,飼料など) ,化学部門 (重化学品,水処理薬品,アクリロニトリルメラミン,爆薬,製紙・鉱業用製品など) ,有機化学部門 (触媒,染料,プラスチック添加剤,合成ゴムなど) ,合繊部門 (アクリル,ポリエステル繊維) など,数千種類の製品に及んだ。 1930年にレダリー研究所を買収,抗生物質オーレオマイシンなどを開発した。 1990年消費者製品部門シャルトンを売却。 1994年医薬品メーカーのアメリカン・ホーム・プロダクツ (→ワイス ) に買収され,その傘下に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカン・サイアナミッド
あめりかんさいあなみっど
American Cyanamid Co.

アメリカの元大手化学・医薬品会社。化学事業を1993年にサイテック・インダストリーズCytec Industries Inc.として分離、医薬・農薬事業は1994年アメリカン・ホーム・プロダクツ(略称AHP、2002年ワイスと改称)に買収され、うち農薬事業は2000年BASFに売却された。
 アメリカン・サイアナミッドは、1907年ウォッシュバーンFrank Sherman Washburnにより設立され、ドイツから化学者フランク・カロの特許を導入して、カナダのオンタリオ州ナイアガラ・フォールズで石灰窒素の生産を開始した。以後、リン酸肥料など農業分野で事業を拡大したが、1920年代から1930年代にかけて研究開発や企業買収により尿素樹脂、塗料、可塑剤、染料、製紙用化学品、有機酸、火薬、医薬、繊維加工補助剤など特殊化学品やファイン・ケミカルの分野に進出した。なかでもレダリー・ラボラトリーズの買収(1930)は、1948年の抗生物質「オーレオマイシン」の開発などにより、世界的な医薬品事業展開につながった。
 1950年代から1960年代にかけても、メラミン積層板などプラスチック成型品メーカーのフォーマイカ社買収をはじめ、石油化学やアクリル繊維進出、トイレタリー製品メーカーの買収など多角化を進めた。しかし、1970年代から周辺事業の整理に着手、1985年フォーマイカ・ブランドの大部分を売却、リン酸塩など化学事業や肥料事業からの撤退を進め、医薬・農薬への資源集中を図った。1993年、化学・樹脂・繊維事業をまとめた子会社サイテック・インダストリーズを分離、医薬・農薬中心のライフサイエンス企業へ転換したが、1994年アメリカン・ホーム・プロダクツに買収された。
 日本でも、1953年(昭和28)武田薬品工業との折半出資による日本レダリー(1998年に日本ワイスと統合して日本ワイスレダリーとなり、2003年ワイスと改称)を設立しているほか、三井東圧化学(現、三井化学)との折半出資による三井サイアナミッド(1976年設立。1994年三井サイテック、のちにサイテックとの合併を解消し、2006年MTアクアポリマーと改称)などの子会社を有した。[田口定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アメリカン・サイアナミッドの関連キーワードワイス(Wyeth Corp.)

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android