コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラ・パキス Ara Pacis

世界大百科事典 第2版の解説

アラ・パキス【Ara Pacis】

〈平和の祭壇〉の意味。アウグストゥス帝のヒスパニアガリアからの凱旋を記念して元老院が前13年に建造を発議し,前9年1月30日にローママルスの野に完成した祭壇。現在ローマのテベレ川左岸に1568年以来の発掘で出土した部材により復元されている。東西11.62m,南北10.55mの矩形周壁で囲まれた中に祭壇がある。周壁外面は,上下2段に分かれ,腰羽目部分の下段には唐草文が,上段には歴史,神話,寓意の主題を有する場面が浮彫で表されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアラ・パキスの言及

【ローマ】より

… 一般的には共和政期の官制がそのまま続いたが,彼の周囲には皇帝顧問会(コンシリウム・プリンキピスconsilium principis)が置かれ,新たに親衛隊長(プラエフェクトゥス・プラエトリオpraefectus praetorio)などの官職がつくられた。ローマ市には消防隊,水道管理官,食糧管理官が置かれ,新しい建造物(例えば〈平和の祭壇(アラ・パキス)〉,アウグストゥス広場など)も建てられて,帝国の首都にふさわしいものに生まれ変わった。アウグストゥスはまた,貴族の結婚と出産・育児を奨励し,風紀の立直し,古来の国家宗教の復興を図った。…

【ローマの平和】より

…前10年のアウグストゥスによるパクス祭祀の導入が最初であったが,前44年以来貨幣面にもパクスは刻まれていた。こうしてローマでは,もともとパクスはアウグストゥスのカリスマ性と結びつき,前13年の元老院議決により〈アウグストゥスの平和の祭壇(アラ・パキス・アウグスタエ)〉(アラ・パキス)が設置され,後75年にはウェスパシアヌスによって〈平和の神殿(テンプルム・パキス)〉も建てられた。女神パクスはブドウの枝,豊穣の角,ゲッケイジュ,槍などを象徴として持って図像に現れる。…

※「アラ・パキス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラ・パキスの関連キーワードローマ国立美術館ボスコレアーレアカンサスローマ美術

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android