コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリモドキ アリモドキAnthicidae; antlike flower beetle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリモドキ
Anthicidae; antlike flower beetle

鞘翅目アリモドキ科の昆虫の総称。別名イッカクチュウ。多くは体長 3mm内外の小型の甲虫で,前胸が小さく,その前後がくびれるため,一見アリに似る。触角糸状。前胸背に大きな角状突起のある種もあり,イッカクチュウの別名はこの特徴による。肢の 跗節の次端節は2葉に分岐する。成虫砂地地表にすむものが多いが,樹上,花上,堆肥中などにもみられる。全世界に約 1000種が広く分布し,日本にも数十種を産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリモドキ

甲虫目アリモドキ科Anthicidaeに属する昆虫の総称(イラスト)。形がアリに似るところから,この名がつけられた。英名もant‐like flower beetleという。胸部の背面に前方へ突出する1本の角をもつ種もあって,イッカクまたはイッカクチュウとも呼ばれる。世界から約1000種が,日本からは約50種が知られている。体長3~4mmくらいの種が多い。成虫は幼虫とともに落葉の下,枯木の上や樹皮下,枯木に生じたキノコ類などに生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリモドキ
ありもどき / 擬蟻
ant-like flower beetles

昆虫綱甲虫目アリモドキ科Anthicidaeの昆虫の総称。広く世界各地に分布し、およそ2000種が知られ、日本にも50種ほど記録されている。小形で頭が丸くて首が細く、前胸が卵形、後体部がやや幅広く、一見アリに似た外見をもつものが多いが、細長くて両側が平行した種もある。また、一部の種類は前胸背の前部から頭の上に伸びる角(つの)(突起)をもつものがあるので、一角虫(いっかくちゅう)ともよばれる。地表や砂上を歩いていることが多いが、草木の葉上、枯れ木にいるもの、花にくるものもある。幼虫は落ち葉や腐植土中などにすむといわれ、一部は肉食性であるという。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アリモドキの関連キーワードコケシロアリモドキ(苔擬白蟻)シロアリモドキ(擬白蟻)ミツギリゾウムシシロアリモドキ類シロアリモドキカッコウムシクロクサアリ苔擬白蟻白蟻擬絹糸腺紡脚類腐植土外翅類擬白蟻擬蟻