コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカラデエナレス Alcalá de Henares

デジタル大辞泉の解説

アルカラ‐デ‐エナレス(Alcalá de Henares)

スペインの首都マドリードから東約30キロメートルにある都市。15世紀末、枢機卿シスネロスによって大学都市の建設が始まり、16世紀には世界初の4か国対訳聖書が刊行されるなど、キリスト教と学術の中心地として発展した。現在も、中心施設の一つであったサンイルデフォンソ学院のほか、多数の歴史的建造物が残る。また、セルバンテスの生地としても知られている。1998年に「アルカラ‐デ‐エナレスの大学と歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。アルカラ‐デ‐エナーレス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アルカラデエナレスの関連キーワードフェルディナント1世マドリード大学ステファヌスフアン1世アサーニャ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android