コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルガルベ Algarve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルガルベ
Algarve

ポルトガル南端の地方。かつてのムーア人王国 (1140~1249) の地で,アルガルベはアラビア語で「西」の意味。ファロ県と一致する。ポルトガルのなかで最もムーア的なところとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルガルベ【Algarve】

ポルトガルの南端に位置する地方。ファーロ県と一致する。国土の約5.4%を占め,面積4960km2。人口32万2866(1981)。北部の内陸丘陵部の人口密度は低く,南部の沿岸平野部に人口が集中。一般に中規模の土地所有(平均7.8ha)が発達する。地中海性気候で沿岸部は特に夏の高温,乾燥が著しく,夏の水不足は同地方の深刻な社会問題である。アルガルベの名はアラビア語の〈西方〉を意味する語al‐gharbに由来し,イスラム統治下ではイベリア半島南西部全域の呼称であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルガルベの関連キーワードビラレアルデサントアントニオアニバル カバコ・シルバエンリケ(航海王子)アルガルベ・カップアレンテージョアルブフェイラブラジルリスボンディニスダンタスファロラゴスデウス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルガルベの関連情報