アルガルベ(英語表記)Algarve

世界大百科事典 第2版の解説

ポルトガルの南端に位置する地方。ファーロ県と一致する。国土の約5.4%を占め,面積4960km2。人口32万2866(1981)。北部の内陸丘陵部の人口密度は低く,南部の沿岸平野部に人口が集中。一般に中規模の土地所有(平均7.8ha)が発達する。地中海性気候で沿岸部は特に夏の高温,乾燥が著しく,夏の水不足は同地方の深刻な社会問題である。アルガルベの名はアラビア語の〈西方〉を意味する語al‐gharbに由来し,イスラム統治下ではイベリア半島南西部全域の呼称であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android