コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルス・ノバ アルス・ノバ ars nova

3件 の用語解説(アルス・ノバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルス・ノバ
アルス・ノバ
ars nova

14世紀のフランスイタリアの音楽とその理論の総称。「新しい芸術」の意。 P.ビトリの記譜法理論書の表題に由来し,後年一般に芸術思想としていわれるようになった。新しいリズムと旋律の記譜法によって人間的な感覚の息吹きを伝える音楽をさしたもので,13世紀のアルス・アンティカ (古い芸術) と対照された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルス・ノバ

ラテン語で〈新しい芸術〉の意。音楽史では,ポリフォニー技法が高度な発展をとげた14世紀フランスの様式を示す。広義には同時代のイタリアの様式をも含めるが,様式の違いからこれはイタリア語で〈トレチェントTrecento〉とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルス・ノバ
あるすのば
ars novaラテン語

「新技法」を意味する14世紀フランス音楽の総称。新しい記譜法について論じたビトリ作とされる音楽理論書(1325ごろ)の題名に由来する。その特徴は、従来の記譜法における音価の三分割法に加えて二分割法も容認したこと、イソリズムとよばれる独自のリズム法やホケトゥスなどの特殊な技法の使用、世俗音楽に対するポリフォニーの積極的な適用と世俗音楽の定型化などであり、その代表としてマショーの音楽があげられる。これに対し、前代の13世紀フランス音楽をアルス・アンティクアars antiqua(古い技法)とよんで区別した。なお、アルス・ノバの語は、イタリア音楽をはじめとする14世紀ヨーロッパ音楽全体をさす場合もある。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルス・ノバの関連キーワードランメルモールのルチアアルスノバイタリアンイタリアのハロルドマリピエロマルモンテル, フランソワアルス・ノバピッチンニ《19世紀のフランス料理技術》ミラノ風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルス・ノバの関連情報