コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタン・ブラク アルタンブラク

2件 の用語解説(アルタン・ブラクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アルタン・ブラク

モンゴルの国境の町。ロシアキャフタ相対する。〈黄金の泉〉の意。1727年清国とロシアとの間にキャフタ条約が結ばれ,この地が貿易場と定められた。以来,モンゴルとロシアとの貿易が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルタン・ブラク
あるたんぶらく
Алтанбулаг Altanbulag(h)

モンゴル北部の都市。旧名マイマッチン(買売城)。1727年ロシアと清(しん)の間に締結されたキャフタ条約以後、両国の国境貿易のために、ロシア領のキャフタに隣接する形でつくられた清側の町が買売城であり、中国人商人が多数集まり、交易に従事した。1921年モンゴル人民革命の際、スフバートルはここに集まっていた中国軍を破り、その後攻撃してきたロシア白軍を撃破し、革命の成功を決定的にした。そこでこれを記念して、この地はアルタン・ブラクすなわち「黄金の泉」と改称された。現在セレンゲ県の一都市となっている。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルタン・ブラクの関連キーワードアルタンブラクオノン川モンゴル語モンゴル帝国モンゴル文字恰克図キャフタ条約蒙古ノモンハン巴布扎布

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone