コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタン・ブラク アルタンブラク

百科事典マイペディアの解説

アルタン・ブラク

モンゴルの国境の町。ロシアキャフタと相対する。〈黄金の泉〉の意。1727年清国とロシアとの間にキャフタ条約が結ばれ,この地が貿易場と定められた。以来,モンゴルとロシアとの貿易が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルタン・ブラク
あるたんぶらく
Алтанбулаг Altanbulag(h)

モンゴル北部の都市。旧名マイマッチン(買売城)。1727年ロシアと清(しん)の間に締結されたキャフタ条約以後、両国の国境貿易のために、ロシア領のキャフタに隣接する形でつくられた清側の町が買売城であり、中国人商人が多数集まり、交易に従事した。1921年モンゴル人民革命の際、スフバートルはここに集まっていた中国軍を破り、その後攻撃してきたロシア白軍を撃破し、革命の成功を決定的にした。そこでこれを記念して、この地はアルタン・ブラクすなわち「黄金の泉」と改称された。現在セレンゲ県の一都市となっている。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルタン・ブラクの関連キーワードスフバートル(モンゴル)アルタン・ブラクスヘバートル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android