コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルダビール アルダビールArdabīl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルダビール
Ardabīl

イラン北西部,東アゼルバイジャン州の地方中心都市。カスピ海から 61kmの地点にあり,アゼルバイジャンとの国境に近い。サバラーン山(4811m)東麓,標高 1400mの高原に位置し,寒さは晩春まで続く。かつてカスピ海経由でロシアとの貿易が行なわれていた。セメント,絨毯などの工業がある。13世紀サフィー・ウッディーンがサファビー・スーフィー教団を創設し,その子孫イスマーイール1世サファビー朝を創設した場所として知られる。北西部にあるサフィー・ウッディーンの廟墓は 2010年,周辺の建造物群とともに世界遺産文化遺産に登録された。1827年に侵攻したロシア軍によって,当時ペルシア最大であった図書館の蔵書を持ち去られた歴史がある。住民はトルコ語を話す。人口 41万8262(2006)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルダビール(Ardabīl)

イラン北西部の都市。アルダビール州の州都。カスピ海、およびアゼルバイジャンとの国境に近く、サバラーン山東麓の高原地帯に位置する。イスラム神秘主義のサファビー教団の祖を祭るシェイフサフィーオッディーン廟がある。近郊のサルエインをはじめとする温泉地が広く知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アルダビール【Ardabīl】

イラン北西部,東アゼルバイジャン州の都市。山に囲まれた標高1100mの小平原にある。人口33万(1994)。市周辺の緑の多いオアシスでは,リンゴやナシの栽培が有名。市の名称はペルシア語で〈聖なる町〉の意。町の起源は,ササン朝時代にさかのぼるともいわれるが,はっきりするのはイスラム時代以降で,この地方の中心都市であった。13世紀初めに,モンゴル軍の侵略・破壊をうけたのち,サフィー・アッディーン(1252‐1334)が同市で神秘主義教団を設立し,その子孫イスマーイール1世が,サファビー朝を創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone