コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルニカ アルニカ 〈ラテン〉Arnica

4件 の用語解説(アルニカの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルニカ(〈ラテン〉Arnica)

キク科の多年草ヨーロッパの高山に生え、高さ25~60センチウサギギクによく似る。夏から秋に黄色い花が咲く。乾かした花や根を民間薬とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アルニカ

 キク目キク科ウサギギク属の[Arnica montana]という花を乾燥したもので,膏薬の形で,打撲や捻挫の誘導刺激薬として用いられた.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アルニカ【Arnica】

キク科の多年草。高山のやや湿った草原に生える。春、まず一対の葉が急速に伸び、ウサギの耳に似るのでウサギギクともいう。高さ約25センチメートル。花は鮮黄色。ヨーロッパ産のアルニカの根・花は薬用とされる。キングルマ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルニカ
あるにか
[学]Arnica montana L.

キク科の多年草。大きな根生葉はロゼットをなし、茎は高さ20~30センチメートルで直立し、ときに分枝することもあり、先に頭花を1~3個つける。6~7月に橙黄(とうこう)色で径6~8センチメートルの花を開く。茎には対生する小さな葉を少数つけ、全体に腺毛(せんもう)または軟毛を密生する。日本では栽培していないが、ヨーロッパ南部、中央部の山地の草原、とくにアルプスの牧場によくみられ、ドイツ北西部の低地まで分布している。ヨーロッパでは古くからの民間薬であり、花と根を万能薬として用いた。また伝統医学でも重要な薬物として花を狭心症の治療に用いる。経口投与で心臓機能を高め、冠動脈の血流を改善する作用がある。神経痛、挫傷(ざしょう)、打撲傷、痔(じ)、出血などに外用もする。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアルニカの言及

【ウサギギク】より

…これは分布域の北方よりに多い。ヨーロッパ産のアルニカA.montana L.(英名mountain arnica)の根や花は薬用にされる。【小山 博滋】。…

※「アルニカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルニカの関連キーワード黄苑菊牛蒡長葉草夏白菊羽衣草フランス菊兎菊平江帯艾菊ヨーロッパの火薬庫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルニカの関連情報