コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルブーゾフ アルブーゾフ Arbuzov, Aleksei Nikolaevich

3件 の用語解説(アルブーゾフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルブーゾフ
アルブーゾフ
Arbuzov, Aleksei Nikolaevich

[生]1908.5.26. モスクワ
[没]1986.4.20.
ソ連の劇作家。レニングラード演劇学校を卒業。 1923年からモスクワとレニングラードのスタジオ劇団を転々としたのち,30年に最初の戯曲『クラス』 Klassを書いて,劇作家としてデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルブーゾフ

ロシア(ソ連)の劇作家。1930年代初期から活躍,青年男女の生き方テーマにした作品が多く,戦前の《ターニャ》(1938年)と演劇界の雪どけの先ぶれとなった《イルクーツク物語》(1959年)が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アルブーゾフ【Aleksei Nikolaevich Arbuzov】

1908‐86
ソ連邦の劇作家。1930年から劇作を始め,《ターニャ》(1939初演),《暁の町》(1940初演)など,社会主義建設の中の青春像を新鮮な手法で描いた戯曲で演劇界に新風を吹き込んだ。第2次大戦後の話題作《イルクーツク物語》(1959初演)もその系列の作品。その後は中・老年層を主人公に,第2次大戦と人間の運命とのかかわり合いを書いたものが多い。繊細な人間観察やしゃれた会話,普遍的な問題の提起などが観客をひきつけ,今や世界中で彼の戯曲が翻訳・上演されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルブーゾフの関連キーワードアフィノゲーノフイフラントソ連田漢ポゴージン劇作家ソ連邦ダンセーニパニョルマールキシ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone