コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベルトゥスマグヌス Albertus Magnus

大辞林 第三版の解説

アルベルトゥスマグヌス【Albertus Magnus】

1193頃~1280) ドイツのスコラ哲学者・神学者。アリストテレス哲学をスコラ学に導入。その広汎こうはんな学識は哲学・神学のほか自然科学の各分野にわたった。神学と哲学の領域を区別、その独創的思想は弟子のトマス=アクィナスに継承された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アルベルトゥスマグヌスの関連キーワードアリストテレス哲学アクィナストマススコラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android