コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルマ望遠鏡 あるまぼうえんきょう ALMA

3件 の用語解説(アルマ望遠鏡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

アルマ望遠鏡

南米・チリ共和国北部にあるアタカマ砂漠の高原に設置された巨大電波望遠鏡。正式名称はアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(Atacama Large Millimeter/submillimeter Array)。略称の「アルマ(ALMA)」はスペイン語で「魂」の意。直径7~12メートルの高感度パラボラアンテナ66台を組み合わせ、1つの望遠鏡として活用する。全体の直径は18キロメートルにも及び、地上に設置された望遠鏡としては世界最大。その分解能は、すばる望遠鏡ハッブル宇宙望遠鏡の約10倍とされる。日本が主導する東アジア、北米・ヨーロッパ諸国、チリの国際共同プロジェクトとして2002年に建設が開始され、13年に59基のアンテナが可動。同年10月に66台全てが揃う本格運用の開始が予定されている。

(2013-3-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アルマ‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【アルマ望遠鏡】

Atacama Large Millimeter/submillimeter Array》チリのアンデス山脈中のアタカマ砂漠に建設された大型電波干渉計。正式名称はアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計。ヨーロッパ、東アジア、北米、およびチリの国際協力により建設され、直径12メートルのアンテナ4台、直径7メートルのアンテナ12台からなる高感度観測を主とするアタカマコンパクトアレイACA)(のちにモリタアレイと命名)と、直径12メートルのアンテナ50台からなる高分解能観測を行うアンテナ群で構成される。原始銀河、星・惑星系の形成などの観測を行う。2003年に着工、2009年より試験観測、2012年より本格運用が始まった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルマ望遠鏡
あるまぼうえんきょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルマ望遠鏡の関連キーワードアタカマ砂漠カラマコピアポチリVLTサンペドロデアタカマアタカマ塩湖アタカマ天文台タウデニアタカマイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルマ望遠鏡の関連情報