コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルマ望遠鏡 あるまぼうえんきょうALMA

知恵蔵miniの解説

アルマ望遠鏡

南米・チリ共和国北部にあるアタカマ砂漠の高原に設置された巨大電波望遠鏡。正式名称はアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(Atacama Large Millimeter/submillimeter Array)。略称の「アルマ(ALMA)」はスペイン語で「魂」の意。直径7~12メートルの高感度パラボラアンテナ66台を組み合わせ、1つの望遠鏡として活用する。全体の直径は18キロメートルにも及び、地上に設置された望遠鏡としては世界最大。その分解能は、すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡の約10倍とされる。日本が主導する東アジア、北米・ヨーロッパ諸国、チリの国際共同プロジェクトとして2002年に建設が開始され、13年に59基のアンテナが可動。同年10月に66台全てが揃う本格運用の開始が予定されている。

(2013-3-18)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

アルマ‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【アルマ望遠鏡】

Atacama Large Millimeter/submillimeter Array》チリのアンデス山脈中のアタカマ砂漠に建設された大型電波干渉計。正式名称はアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計。ヨーロッパ、東アジア、北米、およびチリの国際協力により建設され、直径12メートルのアンテナ4台、直径7メートルのアンテナ12台からなる高感度観測を主とするアタカマコンパクトアレイ(ACA)(のちにモリタアレイと命名)と、直径12メートルのアンテナ50台からなる高分解能観測を行うアンテナ群で構成される。原始銀河、星・惑星系の形成などの観測を行う。2003年に着工、2009年より試験観測、2012年より本格運用が始まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アルマ望遠鏡の関連キーワードヨーロッパ南天天文台SINET国立天文台森田耕一郎森田アレイひみこ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルマ望遠鏡の関連情報