コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレグリア Alegría, Ciro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレグリア
Alegría, Ciro

[生]1909.11.4. サレティンババ
[没]1967.2.17. リマ
ペルーの作家。 1930年,ペルーの急進的政党 APRAに加わって社会不正に抗議,2度にわたり投獄された。 34年には追放されチリ,ついでアメリカ合衆国に亡命した。創作活動の面では,「土着文化派」として,圧倒的に先住民人口の多いアンデス諸国,ペルーの現実をふまえ,土着文化のにない手たる先住民が,真の意味でペルーとペルーの文化の代表であるべきだとし,その実現の道を模索した。代表作『黄金の蛇』 La serpiente de oro (1935) ,『飢えた犬』 Los perros hambrientos (38) ,『広く無縁な世界』 El mundo es ancho y ajeno (41) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アレグリア【Ciro Alegría】

1909‐67
ペルーの作家,政治家。地方紙の記者として近代化による原住民の惨状をペンで告発したが,それに飽き足らず,1931年アプラ党に入党。34年,反政府運動により国外に追放され,25年の亡命生活を送った。その間,常に原住民問題を問い続け,《黄金のヘビ》(1936),《飢えた犬》(1938),《世界は広く無縁なもの》(1941)などを発表。帰国後の60年,人民行動党に入党し,国会議員となった。インディヘニスモ【上谷 博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アレグリア【Ciro Alegría】

1909~1967) ペルーの小説家。代表作に、土地を奪われるインディオの悲哀を描くインディヘニスモ小説「世界は広く無縁なもの」がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレグリア
あれぐりあ
Ciro Alegra
(1909―1967)

ペルーの小説家。少年時代からアンデスのインディオたちの生活、習慣などに興味を抱き、中等教育を終えたあとジャーナリストとして活躍するが政治運動がもとで1934年国外追放になる。亡命先のチリでインディオと自然とのかかわりを『黄金の蛇』(1935)、『飢えた犬』(1938)に描き、やがて原住民主義(インディヘニスモ)文学の代表作となる、白人地主と虐げられるインディオの抗争を描いた小説『世界は広く無縁なもの』(1941)で大陸小説賞を受賞した。[安藤哲行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アレグリアの関連キーワードウェイン ショーターR.S. アントニオインディヘニスモ文学天草いるかワールドギー ラリベルテイン・ザ・ハイツジル サンクロワatsukoアントニオフラメンコ11月4日矢部亮

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレグリアの関連情報