コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロハシャツ aloha-shirt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アロハシャツ
aloha-shirt

木綿の派手な模様のプリント地でつくられた,ゆったりしたシャツ。元来ハワイ諸島の人々およびハワイを訪れる観光客によって愛用されたもので,開襟,半袖で丈が短く,ズボンの上に出して着用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アロハ‐シャツ(aloha shirt)

はでな模様の半袖のオープンシャツ。裾を出して着る。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アロハシャツ

ハワイで男性の着ているスポーツ・シャツ。衿(えり)は開衿(かいきん)で,半袖(はんそで)が多く,すそを外に出して着る。色彩豊かで派手なプリント地で作られ,避暑地用などに広く着用される。
→関連項目シャツムームー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アロハシャツ【aloha shirt】

ハワイ諸島で男性の日常着として用いられている半袖,開襟シャツの一種。丈は短めで裾をズボンの外側に出して着るのが特徴。生地は主として木綿が使われ,熱帯植物などをモティーフにした大胆な色彩のプリント柄が多い。〈アロハaloha〉とはハワイ語で〈愛〉や〈親切〉,挨拶の〈ようこそ〉〈さようなら〉を意味する。1950年代の日本でも夏のシャツ・スタイルに取り入れられ,リゾートウェアやホームウェア以外に一部の若者の間ではタウンウェアとしても用いられ,彼らは〈アロハ族〉と呼ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アロハシャツ【aloha shirt】

真夏に着る、はでなプリント模様の半袖はんそでシャツ。男子用で、裾をズボンの外に出して着る。アロハ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アロハシャツ
あろはしゃつ
aloha shirt

はでな色柄の、主として木綿のプリント地を用いた半袖(はんそで)、開襟のスポーツシャツで、ハワイの男子の日常着。ゆったりした身頃(みごろ)の裾(すそ)をズボンの外に出して着る。これをもとにした絹のシャツが1930年代にアメリカで流行し、以後、木綿や化繊製のものが、夏の家庭着や男女のリゾートウエアとして世界的に用いられるようになった。[田村芳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アロハシャツの関連キーワードアロハフリーマーケットフィフティーズ・ルックスーパークールビズハワイアンプリントアロハフライデーカバナセットクールビズ森野熊八かりゆし

アロハシャツの関連情報