コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロワナ アロワナOsteoglossum bicirrhosum; arawana; arowana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アロワナ
Osteoglossum bicirrhosum; arawana; arowana

アロワナ目アロワナ科淡水魚。全長 90cm。熱帯魚の一種。下顎は大きく開き,先端に 2本のひげをもつ。体色はピンクがかった銀色で金属的に輝く。原始的な形態をもつ硬骨魚類で,卵を口中で孵化するマウスブリーダーとして知られている。南アメリカのアマゾン川流域などに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アロワナ(arowana)

オステオグロッスム目の淡水魚。全長約1メートルで体は側扁し、銀色。口は大きく、下あごにひげが2本あり、肉食性。卵を口の中に入れて孵化(ふか)するまで守る。東南アジアや南アメリカの河川に分布。観賞用に飼育される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アロワナ【arowana】

サケ目オステオグロッスム科の魚(イラスト)。南アメリカ産の大型の淡水魚。アロワナとはアマゾン地域での呼名で別名をアマゾンバンドフィッシュという。南アメリカ産のピラルク,アフリカのナイル川・コンゴ・セネガルなどに産するヘテロティス,インドネシア・ボルネオ・オーストラリア北部に産するスクレロパゲスなどの種も同科である。比較的大きな鈍く銀白色に光るうろこをもち,虹のような不思議な色彩を放って華麗である。背びれ・しりびれ基底は長く尾びれと連なるように見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アロワナ【arowana】

オステオグロッスム目の淡水魚。全長約1メートル。体は側扁し、鱗うろこが大きい。口は大きく、斜め上を向き、先端に二本のひげがある。体色は銀色で、虹色の輝きがある。観賞用の熱帯魚。南アメリカ大陸のアマゾン川流域などに分布。また、体形の似たレッドアロワナ・グリーンアロワナは東南アジアに分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アロワナ
あろわな
arowana
[学]Osteoglossum bicirrhosum

硬骨魚綱オステオグロッスム目オステオグロッスム科に属する大形淡水魚。アマゾン川流域とギアナ地方の川の一部に分布し、流れの緩やかな所にすむ。名は原産地の呼び名である。全長1メートルに達し、体は細長く、側扁(そくへん)する。口は大きく、斜め上を向き、下あごの先端に2本のひげがある。背びれと臀(しり)びれは低くて長い。鱗(うろこ)は大きい。体色は銀色、美しい虹色の輝きがある。原始的な形態的特徴をもつ硬骨魚で、卵を口の中で孵化(ふか)するマウスブリーダー(口中哺育魚(ほいくぎょ))としても有名である。孵化した仔魚(しぎょ)はオレンジ色の大きな臍嚢(さいのう)をもつ。肉食性。観賞用に飼育され、適水温は25~30℃、水質は弱酸性から中性がよい。近似種にリオ・ネグロ産のブラックアロワナOsteoglossum ferreiraiがある。同科の他属に東南アジアやオーストラリア産のスクレロパゲスScleropages、アフリカ産のヘテロティスHeterotisがあり、熱帯魚市場ではいずれもアロワナの名でよばれている。[多紀保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アロワナの関連キーワードチャーミーアロワナスティックカラーひかりクレストビッグカーニバルテトラ アロワナ スティックひかりクレストカーニバルチャーミーギャングナギナタナマズ科モルミルス科ヒオドン科リコプテラピラルクー三浦真代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アロワナの関連情報