コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンカレジ アンカレジAnchorage

翻訳|Anchorage

5件 の用語解説(アンカレジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンカレジ
アンカレジ
Anchorage

アメリカ合衆国,アラスカ州南部クック湾の奥にある都市。同州最大の都市。国際空港がある。 1914年フェアバンクスに至るアラスカ鉄道の起点となったことに起源をもつ。第2次世界大戦中は陸軍・空軍基地であり,その後北太平洋および北極経由の航空路の要地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンカレジ

米国,アラスカ州最大の都市。アラスカ湾西部の入江クック湾に面しており,アンカレジ国際空港は北極圏空路の基地で,交通・軍事の要地。1915年に建設され,第2次大戦中に大発展した。
→関連項目アラスカ[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンカレジ【Anchorage】

アメリカ合衆国アラスカ州南部,クック湾奥に位置する同州最大の都市。人口25万4000(1994)。1914年にアラスカ鉄道の敷設基地として創建され,第2次大戦中はアラスカ防衛司令部がおかれて急速に発展した。戦後も防衛基地として,また北欧と東アジアとを結ぶ北極経由の航空路の中継地として重要性を増した。アンカレジ港の開港(1961)により,油田地帯の供給・移出基地としての性格を強めており,近年の人口増加は著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アンカレジ【Anchorage】

アメリカ合衆国、アラスカ州南部の港湾都市。同州最大の都市で、日本とヨーロッパを結ぶ北極圏航空路の中継地であった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンカレジの関連情報