コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンガルスク Angarsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンガルスク
Angarsk

ロシア中東部,東シベリア南部,イルクーツク州の都市。州都イルクーツクの北西約 40km,キトイ川がアンガラ川に合流する地点にある工業都市。 1948年建設の新興都市で,最初木材加工コンビナート,セメント工場などがつくられたが,ボルガ=ウラル油田からのパイプラインが通じてから石油精製石油化学の大中心地として急速に発展。ほかに建設資材,機械,食品などの工業がある。シベリア横断鉄道が通る。人口 23万3765(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンガルスク

ロシア,東部シベリア,イルクーツク付近の都市。キトイ川とアンガラ川の合流点にある。第2次大戦後,都市建設が始められ,1951年完成。製油所があり,化学,機械,製材工業などが行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンガルスク
あんがるすく
Ангарск Angarsk

ロシア連邦中部、イルクーツク州の都市。イルクーツクの北西50キロメートル、アンガラ川とキトイ川の合流点付近にあり、シベリア鉄道に沿う。人口26万6600(1999)。イルクーツク・チェレンホボ工業地域の重要な中心地の一つ。1954年に大規模な石油化学コンビナートが建設され、石油製品、化学肥料などが生産される。石油は送油管で初めはウラル山脈西方から送られたが、1970年以後は西シベリアの石油が送られてくるようになった。プラスチック、建設資材(組み立て家屋用鉄筋コンクリート、セメント、陶器)、電機、木材加工、縫製などの工業や、食肉コンビナートがある。1951年に市となった。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンガルスクの関連キーワードシベリア石油パイプライン世界のウラン濃縮工場アンガラ[川]BAM

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android