アンガーマネジメント(読み)あんがーまねじめんと(英語表記)Anger Management

知恵蔵miniの解説

アンガーマネジメント

いらいらや怒りを自ら管理し、適切な問題解決やコミュニケーションに結びつける心理技術のこと。1970年代に米国で始められた。いらいらや怒りを単に抑えつけるのではなく、その要因などを客観的に把握し、衝動的な発露をなくしていき、良好な人生を送れるようにする。企業からの注目も高まっており、社員研修などへの導入が進んでいる。日本では、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会が、2013年4月に、米国に本拠を置くナショナルアンガーマネジメント協会(NAMA)の日本支部となった。

(2014-5-08)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

人事労務用語辞典の解説

アンガー(anger)とは、怒りやいら立ちといった感情のこと。衝動にまかせて怒りを爆発させるのではなく、上手にコントロールして適切な問題解決やコミュニケーションに結びつけることを、「アンガーマネジメント」といいます。自分自身の怒りやイライラと向き合い、その要因や傾向を客観的に把握することで、衝動性が高まっても自分で抑制できるように習慣づけることがアンガーマネジメントでは重要です。職場の人間関係のトラブルなどを背景に、企業からの注目が高まり、社員研修などへの導入も広がっています。
(2013/10/28掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンガーマネジメント
あんがーまねじめんと
anger management

衝動的な怒りの感情やいらだちをうまくコントロールするための心理教育プログラム。怒りの要因を客観的に見つめて考え方を変えることにより、自分の気持ちや問題点を相手に伝え、問題を解決するために適切な行動がとれるような感情のコントロールを習慣づける。
 1970年代にアメリカで始まった心理教育で、当初はドメスティック・バイオレンス(DV)や、校内暴力を矯正するために導入された。しだいに職場でのパワーハラスメント対策やストレスの高い職場で働く人、子育てに悩む親などに向けて広く行われるようになり、効果が認められている。また、スポーツ選手や俳優などが冷静に競技や演技をするために学習するプログラムとしても活用されている。
 日本でも、アンガーマネジメントは企業での社内教育のほか、教師による児童生徒への体罰問題、「キレやすい」子供などへの対策として、全国の中学校や高等学校、特別支援学校などで行われている。2011年(平成23)には、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会が設立された。同協会では、アンガーマネジメントを学び、感情のコントロールや正しいしかり方を教えられると認定されたファシリテーターや、子供に感情教育を指導できるキッズインストラクターを養成しており、教育委員会などの職員が受講してファシリテーターの資格を取得する自治体も増えている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンガーマネジメントの関連情報