コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンキロサウルス アンキロサウルス Ankylosaurus

5件 の用語解説(アンキロサウルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンキロサウルス
アンキロサウルス
Ankylosaurus

北アメリカに生息していた白亜紀後期の恐竜の一属。鳥盤目曲竜亜目に属する。草食,四脚歩行の武装恐竜。体格は剣竜に似ているが頭は比較的大きく短く,歯は貧弱である。鎧状をした外皮性の骨板でおおわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンキロサウルス(Ankylosaurus)

鳥盤目装盾亜目の恐竜の一。中生代白亜紀後期、北アメリカに生息。全長6~10メートル、体重約3トン。四足歩行。戦車のような体格で、硬い板のような鱗で覆われ、尾の先端の骨塊を振り回し、防御に用いたとされる。草食性。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンキロサウルス

白亜紀後期の草食恐竜。四脚歩行で,陸生。体長約10m。脚が短く,背中は余り高くないが幅が広い。頭頂部と背中全体が,多角形の堅い骨板の重なってできた鎧(よろい)でおおわれ,体の両側に骨性の長いとげ状突起を,尾端には大きな骨塊をもつ。
→関連項目恐竜

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

アンキロサウルス

白亜紀後期に生息した鳥盤類装盾類の草食恐竜。全長約9メートル。四脚歩行。ヨロイ竜の中では最大級。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンキロサウルス
あんきろさうるす
ankylosaur
[学]Ankylosaurus magniventris

北アメリカの白亜紀後期、約6800万年~6550万年前の地層から産出した四肢歩行の草食恐竜。分類学上は鳥盤目装盾(そうじゅん)類(亜目)エウリポッド類よろい竜類(下目)アンキロサウルス科Ankylosauridaeアンキロサウルス亜科Ankylosaurinaeに属する。全長約9メートル、体幅5メートル弱、体重約3トンであるが、全体としてはタンクのような形で、丈(たけ)が低く、動きが鈍いと考えられる骨格を示す。頸(くび)から胴と尾の上や側面にかけて、体の表面が全部鱗(うろこ)のような板の列で覆われ、板は縦の列と横の列が整然と対称的に配列されていた。目と鼻は骨の隆起、頭は重い装甲で守られ、肉食動物の歯が通らない堅いつくりであった。たとえば、目の後上方と後下方から特徴的な三角錐(さんかくすい)形のスパイク(突起)が突き出す。尾の先端には固まった骨からなる重い棒がついていて、この尾で敵を防いだらしい。しゃがみこむと堅い装甲の塊となり、敵からあおむけにされない限り安全であったと思われる。歯は弱々しいものであった。[小畠郁生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンキロサウルスの関連キーワードカンプトサウルス鳥盤類ティラノサウルスアパトサウルスケラトプス類白亜系ハドロサウルスハドロサウルス類カモハシ竜(鴨嘴竜)角竜

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンキロサウルスの関連情報