アンチキリスト

  • Antichristos
  • ギリシア

百科事典マイペディアの解説

キリスト〉ので,ギリシア語ではAntichristos。界終末のキリストの再臨前に出現して教会を迫害したり世を惑わす偽預言者,異端悪魔などをいう。《ヨハネ黙示録》(13:18)の数666はその象徴。ローマ皇帝ネロ,宗教改革期のローマ教皇らがアンチキリストと目され,ニーチェは《アンチキリスト》で自らをそれに擬している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

新約聖書と後期ユダヤ教の黙示文学に見られる思想用語福音書では,世の終りが近づくと〈偽キリストや偽預言者が起こって,大きなしるし奇跡をなし,できれば,選民をも惑わそうとするであろう〉(《マタイによる福音書》24:24)と言われている。パウロはキリスト再臨の前に〈不法の者〉が現れるだろうと述べている(《テサロニケ人への第2の手紙》2:1~11)。〈アンチキリスト〉の名はヨハネの手紙に見られる(《ヨハネの第1の手紙》2:18,《ヨハネの第2の手紙》7節など)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアンチキリストの言及

【悪魔】より

…とはいえ,そのようなものとして外部から人間に悪と契約するように働きかけたり,はては悪魔の契約書を通じて個人の内部に棲みつく(悪魔憑き)という見解は,個人として存在する悪霊を祓う〈悪魔祓い(エクソシズムexorcism)〉や,悪霊に憑かれた地方共同体を排除する異端審問や魔女狩りのような中世的制度の余地を残すことになるので,カトリック神学内部でも,悪魔の表象を人間の内部にひそむ普遍的な悪と結びつける内面的理解が有力となりつつある。 神の敵対者,キリストの敵対者(アンチキリスト)である悪魔は,必然的に神の反像である悪魔を最高神とし崇拝する悪魔主義者を生み出す。キリスト教文化圏に発生した悪魔主義satanismが他の古代異教のなかの悪魔礼拝儀式と異なるのは,それが〈キリスト教的倒錯〉であるという点である。…

※「アンチキリスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android