コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドキデス Andokidēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドキデス
Andokidēs

[生]前440頃
[没]前391以後
古代ギリシア,アテネの弁論家,政治家。ヘルメス像事件で追放され,前 403年民主政復活による大赦で帰国した。コリント戦争中,アテネ側の使節の一人としてスパルタ和議をはかったが,その提案はアテネで拒否され,再び追放された。『帰国について』『平和について』などの演説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンドキデス【Andokidēs】

前440ころ‐?
古代ギリシア,アテナイ弁論家。由緒ある名家の出身で,前415年の石柱像破壊,密儀冒瀆(ぼうとく)などの政治事件に関与した。自身の潔白を立証するためになした弁論《密儀事件について》(前399)は,口語的な文体で当時の政情不安を生き生きと伝える。コリントス戦争に際してはスパルタに使節として赴き,帰国して《対スパルタ和平論》(前391)によってアテナイ市民に和平締結を説いたがいれられず,国外追放に処せられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンドキデス
あんどきです
Andokids
(前440―前390ころ)

古代ギリシアの弁論家。アテネの有名な貴族の出で、紀元前415年のヘルメス神像破壊事件にかかわり、国外に亡命した。『帰国について』はこの事件から生まれた作品で、許されたのち秘教問題で告訴された際の弁論『秘教について』を残している。その後『スパルタとの和平について』の論がいれられず再び国外に去ったといわれる。彼の弁論は修辞学的には欠点も多いが、そのためにかえって率直な意見の表明となっていて、ギリシアの散文の発達のうえで重要な位置を占めている。[引地正俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンドキデスの関連キーワードアンドキデスの画家アンドキドゥス赤像式陶器赤絵式陶器赤絵式大赦

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android