コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボイナガイ

3件 の用語解説(アンボイナガイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アンボイナガイ

イモガイ科の巻貝。猛毒で知られ沖縄ではハブガイという。殻は円筒状で,高さ11.5cm,幅5.5cmになる。殻表には白色の地に褐色の網目模様と3本の帯がある。紀伊半島以南,中部〜西太平洋,インド洋の潮間帯下の岩礁にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンボイナガイ【geographer cone】

インドネシアのアンボン島にちなんで名付けられた猛毒で知られるイモガイ科の巻貝(イラスト)。沖縄では猛毒ヘビのハブにちなんでハブガイという。殻は円筒状で薄く,高さ11.5cm,太さ5.5cmになり,10回くらい巻くが低い。殻表には白色の地に褐色の網目模様と3本の褐色帯がある。その上に灰黄色の薄い殻皮をかぶる。殻口も広くて高く,殻口内は帯紫白色。下端の水管溝は広い。軟体は暗褐色で,はうときは水管溝から水管を長くつき出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンボイナガイ
あんぼいながい
geographer cone
[学]Gastridium geographum

軟体動物門腹足綱イモガイ科の巻き貝。和名は、インドネシアアンボイナ(アンボン)島に由来。紀伊半島以南から熱帯西太平洋にかけて広く分布し、サンゴ礁などの浅海にすむ。殻高115ミリメートル、殻径55ミリメートル、殻は円筒形でやや薄質、体層の肩には低いとげ列がある。殻表は蒼白(そうはく)色の地に褐色の細かい網目模様があり、これを地図になぞらえて学名(ラテン名)がついている。そのほか、太い褐色帯が3本ある。生時はこの上に厚い殻皮をかぶっていて、10列ぐらいの殻皮毛列がある。殻口は広く乳白色。歯舌は中空の銛(もり)状で中に毒が装填(そうてん)されていて、これで魚類を刺し殺して食べる。採集した人がこの貝に刺されて死ぬこともあるほど猛毒のため、沖縄ではハブガイという地方名もある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンボイナガイの言及

【イモガイ(芋貝)】より

…口をのばして広げ,餌を丸のみにする。神経性の毒であるが,魚類(多くは小型のハゼ類)を餌とするアンボイナガイGastridium geographus(イラスト)などはとくに猛毒で,刺されると数秒で動けなくなる。ときに採取時に人が刺されて死ぬことがある。…

※「アンボイナガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンボイナガイの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派マレー語アンボンドスラブボンボマレーポリネシア語族アンボン岩インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故押川典昭

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone