コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボセリ国立公園 アンボセリコクリツコウエン

2件 の用語解説(アンボセリ国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンボセリ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アンボセリ国立公園】

Amboseli National Park》ケニア南西部、キリマンジャロの北麓にある国立公園。首都ナイロビの南約140キロメートルに位置する。面積約400平方キロメートル。雨季に一部が沼地となる平地が広がり、アフリカゾウ、キリンライオン、カバなどの野生動物が生息する。ヘミングウェイが「キリマンジャロの雪」を執筆した地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンボセリこくりつこうえん【アンボセリ国立公園】

ケニアのアンボセリにある、キリマンジャロ山を臨む公園。アーネスト・ヘミングウェイが「キリマンジャロの雪」を執筆した場所として有名で、ナイロビからは車で南に約3時間ほどで、タンザニアとの国境に近く、アフリカで最も観光客でにぎわう公園の一つである。面積は392km2で、ここから見るキリマンジャロ山は美しく、ゾウ、キリン、ライオン、カバ、サイなど、数多くの動物を見ることができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンボセリ国立公園の関連キーワードキリマンジャロ国立公園アンジャベルイリアンジャヤキリマンジャロセリニアンセリニャン湯気に中るキリマンジャロ・マシーンケニア岩キリマンジャロ[山]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンボセリ国立公園の関連情報