コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボセリ国立公園 アンボセリコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

アンボセリ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アンボセリ国立公園】

Amboseli National Park》ケニア南西部、キリマンジャロの北麓にある国立公園。首都ナイロビの南約140キロメートルに位置する。面積約400平方キロメートル。雨季に一部が沼地となる平地が広がり、アフリカゾウ、キリン、ライオン、カバなどの野生動物が生息する。ヘミングウェイが「キリマンジャロの雪」を執筆した地として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンボセリこくりつこうえん【アンボセリ国立公園】

ケニアのアンボセリにある、キリマンジャロ山を臨む公園。アーネスト・ヘミングウェイが「キリマンジャロの雪」を執筆した場所として有名で、ナイロビからは車で南に約3時間ほどで、タンザニアとの国境に近く、アフリカで最も観光客でにぎわう公園の一つである。面積は392km2で、ここから見るキリマンジャロ山は美しく、ゾウ、キリン、ライオン、カバ、サイなど、数多くの動物を見ることができる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

アンボセリ国立公園の関連キーワードナマンガ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android