コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アン・ブーリン アンブーリン

百科事典マイペディアの解説

アン・ブーリン

イングランド王ヘンリー8世の2度めの王妃。エリザベス1世の母。初めは王妃キャサリンの侍女であった。のち王の(ちょう)を得て1533年結婚したが,教皇クレメンス7世はこれを認めず,イギリス宗教改革の原因となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アン・ブーリン
あんぶーりん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アン・ブーリンの関連キーワードエリザベス[1世]1000日のアンメアリー[1世]ヘンリー[8世]エリザベス1世ワイアットクランマーロンドン塔

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アン・ブーリンの関連情報