コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーウィック Urwick, Lyndall Fownes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーウィック
Urwick, Lyndall Fownes

[生]1891.3.3.
[没]1983.12.5.
E.F.L.ブレックとともに現代のイギリスを代表する経営研究家,経営教育者。 1913年オックスフォード大学のニューカレッジ卒業。その後各種企業,団体の役員などをつとめ,28~33年ジュネーブの国際経営者協会役員。 32~35年科学的管理国際委員会事務局長。 40~42年イギリス大蔵省コンサルタント。 46年経営者教育委員会委員長。 47~52年イギリス経営者協会副会長。 52年アメリカ経営者協会 AMAの経営者教育委員会委員長。 56年コロンボ計画顧問。 60~61年経営コンサルタント協会ヨーロッパ連盟会長。また 34年以来 Urwick,Orr and Partners Ltd.の会長。彼は H.フェイヨール,R.C.デービス,W.H.ニューマンらとともに管理論における Universalist管理過程学派に属した。主著『経営の法則』 The Elements of Administration (1943) ,『現代の経営者哲学』 The Pattern of Management (56) ,『現代のリーダーシップ』 Leadership in the Twentieth Century (57) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーウィック
あーうぃっく
Lyndall Fownes Urwick
(1891―1983)

イギリスの代表的経営学者。1913年オックスフォード大学卒業。各種の企業や団体の役員を務めたのち、1932~1935年国際経営会議(CIOS)事務総長、1940~1942年大蔵省コンサルタント、1947~1952年イギリス経営管理協会副会長、1956年コロンボ計画顧問、1960~1961年経営コンサルタント協会欧州連盟会長などを歴任した。晩年はオーストラリアに居住し、著述とコンサルティングの活動を続けていた。彼の経営学は、基本的には伝統的過程論ないし普遍学派にたつ管理論であるが、哲学と技術との結合を強調する点に特性がある。[森本三男]
『L・F・アーウィック著、藤芳誠一・星野清訳『現代のリーダーシップ』(1961・経林書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アーウィックの関連キーワードデール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android