アート・シアター(英語表記)art theater

翻訳|art theater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アート・シアター
art theater

外国の芸術映画や実験映画,あるいは古典映画など,商業ルートに乗りにくい作品を専的に上映する映画館。 1950年代のアメリカに登場し,60年代にかけて盛況を呈した。この動きは日本にも及び,アート・シアターの全国チェーン設立を目指し,株式会社日本アート・シアター・ギルド (ATG) が,61年に発足,海外の名作を上映し始める。 66年には,監督との共同出資で日本映画の製作にも乗り出し,数多くの秀作を世に送った。現在の日本では,ミニシアターやナイトショー・シアター,そして営利にとらわれない上映組織などが,アート・シアターに近い役割を演じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アート・シアターの関連情報