コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーバーズ

2件 の用語解説(アーバーズの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アーバーズ

イランの音楽理論用語。語源としては声という意から,(1)声楽,(2)歌(自由なリズムで歌う歌曲),(3)拍子が明確でない部分の様式のこと,(4)自由なリズムの楽曲,(5)旋律法,旋律型(アラブのマカームに相当するもの)など,さまざまな意味をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アーバーズ【āvāz[ペルシア]】

イランの音楽用語アーバーズペルシア語で〈声〉〈叫び〉という意味を持つが,音楽用語としてはさらに二つの異なった用法がある。(1)イランの伝統的な声楽を一般に意味し,とりわけ,拍節のない独特なリズム様式によるものを指す。古典的なペルシア語の詩は朗唱されることが多いが,美声の歌手が声を張り上げて歌う場合にはこのアーバーズのスタイルをとり,これがまた伝統的なペルシア音楽の真髄である。(2)イランの古典音楽の旋法ないし旋律型がアーバーズと呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアーバーズの言及

【イラン音楽】より

…その特徴は,半音より狭い微小音程を含む7音音階に基づく旋法の体系(ダストガー)と,アラブ・ペルシアの韻律法にのっとり作られたペルシア詩の古典詩の朗誦の結合である。アーバーズと呼ばれる歌唱様式によって,このダストガー音楽は体現されるが,アーバーズの主要部分は,むしろ拍節のない,伸縮自在のリズムにより,半ば即興的に演奏される。拍節の明確な歌はタスニーフとかザルビーと呼ばれ,あらかじめ作曲された軽い付随的な部分を成す。…

※「アーバーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone