コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーバーズ

2件 の用語解説(アーバーズの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アーバーズ

イランの音楽理論用語。語源としては声という意から,(1)声楽,(2)歌(自由なリズムで歌う歌曲),(3)拍子が明確でない部分の様式のこと,(4)自由なリズムの楽曲,(5)旋律法,旋律型(アラブのマカームに相当するもの)など,さまざまな意味をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アーバーズ【āvāz[ペルシア]】

イランの音楽用語アーバーズペルシア語で〈声〉〈叫び〉という意味を持つが,音楽用語としてはさらに二つの異なった用法がある。(1)イランの伝統的な声楽を一般に意味し,とりわけ,拍節のない独特なリズム様式によるものを指す。古典的なペルシア語の詩は朗唱されることが多いが,美声の歌手が声を張り上げて歌う場合にはこのアーバーズのスタイルをとり,これがまた伝統的なペルシア音楽の真髄である。(2)イランの古典音楽の旋法ないし旋律型がアーバーズと呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアーバーズの言及

【イラン音楽】より

…その特徴は,半音より狭い微小音程を含む7音音階に基づく旋法の体系(ダストガー)と,アラブ・ペルシアの韻律法にのっとり作られたペルシア詩の古典詩の朗誦の結合である。アーバーズと呼ばれる歌唱様式によって,このダストガー音楽は体現されるが,アーバーズの主要部分は,むしろ拍節のない,伸縮自在のリズムにより,半ば即興的に演奏される。拍節の明確な歌はタスニーフとかザルビーと呼ばれ,あらかじめ作曲された軽い付随的な部分を成す。…

※「アーバーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アーバーズの関連キーワードイランシャービバーチェペルシア語ペルシア帝国ペルシア湾イラン語ガザルペルシア猫ペルシャ行進曲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone