アーラープ(英語表記)〈ヒンディー〉alap

百科事典マイペディアの解説

アーラープ

ヒンドゥスターニー音楽(北インドの古典音楽)の用語。音楽の導入部で,楽曲に先立って演奏される,打楽器によるターラ(拍節)を伴わない部分のこと。旋律を即興的に,一定のラーガ(旋律型)として提示する旋律的表現の聞かせどころであり,表現階梯は声楽と器楽とでは少し異なる。カルナータカ音楽(南インドの古典音楽)ではアーラーパナ。
→関連項目カヤールドゥルパド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アーラープ【ālāp[ヒンデイー]】

ヒンドスターニー音楽(北インドの音楽)の用語。楽曲の前半部で,打楽器による拍子(ターラ)を伴わない部分をいう。旋律を即興的に,一定の旋律型(ラーガ)として提示する旋律的表現の聞かせどころであり,表現階梯は声楽と器楽とでは少し異なる。たとえばシタールでは,旋律型の特徴を顕示する基本(スターイー),高声部への発展(アンタラー),リズムをとるジョール,開放弦(チカーリー)をやたらと鳴らしながらメロディーを浮彫にするジャーラーなどの部分によって進展する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android