コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエナ大学 イエナだいがく

大辞林 第三版の解説

イエナだいがく【イエナ大学】

イエナ市にあるフリードリッヒ=シラー大学の通称。1558年創立。フィヒテ・シェリング・シラー・ゲーテ・ヘーゲルなどが教授を勤めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエナ大学
いえなだいがく
Friedrich-Schiller Universitt Jena

ドイツ連邦共和国のイエナにある総合大学。正式名称はフリードリヒ・シラー大学。ザクセン選帝侯ヨハン・フリードリヒにより1548年に設立されたアカデミーに起源をもち、1558年ドイツ皇帝から大学としての認可を得た。18世紀末から19世紀初頭にかけてもっとも栄え、哲学部を中心にシラー、W・フンボルト、フィヒテ、シェリング、ヘーゲル、ゲーテらが教授陣として活躍。教育学研究の面でもラインWilhelm Rein(1847―1929)やイエナ・プランで有名なペーターゼンP. Petersen(1884―1952)が業績をあげた。第二次世界大戦後、大学は東ドイツの大学となり、とくに1968年の改革では従来の学部制を廃し、研究部門Sektion制がとられ、16部門(教育学、歴史学、文学、マルクス・レーニン主義哲学、心理学、体育学、言語・哲学、法律学、経済学、古典・考古学、生物学、化学、数学、物理学、工学、神学)と医学(歯学を含む)研究所に再編されたが、1990年の東西ドイツ統一後は旧来の学部制が復活した。現在10学部(神学、法学、医学、哲学、経済学、数学・コンピュータ科学、化学・地球科学、生物学・薬学、物理学、心理学・教育学・スポーツ学)となっている。1995年現在、学生数約9000人、教員数約1600人。[馬越 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イエナ大学の関連キーワードゲルハルト(Karl Christian Adolph Jacob Gerhardt)シューベルト(Gotthilf Heinrich von Schubert)ルンゲ(Friedlieb Ferdinand Runge)ツィーグラー(Heinrich Ernst Ziegler)ヘンリー・フレンドリッヒ・ウイルヘルム ジーデントップデルブリュック(Berthold Delbrück)オイケン(Walter Eucken)ハインリッヒ・エルンスト ツィーグラーフレディリック・オットー ショットフレドリッヒ・C. デュースベルクコラール(Ján Kollár)T.ウィルヘルム エンゲルマンケーベル ラファエル・フォンジョージ・E. ジーフェルスヴィリヘルム デルプフェルトハンス・C. ニッパーダイヘンリー・W. スティードフェルディナント ホドラーE.H.P.A. ヘッケルエーリッヒ グーテンベルク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android