コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエローカード yellow card

翻訳|yellow card

デジタル大辞泉の解説

イエロー‐カード(yellow card)

WHO世界保健機関)の定めた国際予防接種証明書の通称。海外旅行者が感染症の予防接種を受けたことを証明するもので、用紙が黄色いところからいう。現在は黄熱に関してのみ、入国の際にイエローカードの提示を要求する国がある。
サッカーなどで、悪質な反則や非紳士的行為をした選手に警告するときに、審判が示す黄色いカード。→レッドカード
[補説]2は比喩的に、注意喚起や警告の意で用いられることがある。「今の発言はイエローカードだ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

イエローカード

日本のテレビドラマ。放映はTBS系列(1993年7月~9月)。全13回。脚本:黒土三男。主題歌:城之内ミサ。出演:陣内孝則、菊池桃子、原田龍二ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

イエローカード【yellow card】

サッカーなどで、悪質な反則やスポーツマンらしからぬ行為をした選手に審判が示す黄色のカード。
〔表紙が黄色であることから〕 世界保健機関が制定した予防接種証明書。イエロー-ブック。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエローカード
yellow card

おもにサッカーで,警告を受けた選手に対して主審が示す黄色のカード。悪質な反則 (故意に相手を蹴る,引っ張る,足をひっかけるなど) や反則を受けたふりをして倒れるなど審判をあざむこうとする「シミュレーション」の反則,あるいは判定に異議を示したとき,その選手は警告を受ける。 1976年にイングランドで観客にも警告がわかるようにと発案され,その後バレーボールなど他競技にも採用されている。相手選手に暴行したり,相手チームの決定的な得点チャンスを反則で阻止するなどのきわめて重大な反則を犯した選手は退場処分となり,主審はレッドカードを示す。同一試合で2回警告を受けた選手はその時点で退場処分となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イエローカードの関連キーワード地方自治体財政健全化法と行政サービス障害者雇い入れ計画作成命令ゴーイングコンサーン検疫感染症高橋広司ホッケーブック検疫

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イエローカードの関連情報