コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イコノグラフィー iconography

翻訳|iconography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イコノグラフィー
iconography

図像学 (→仏教図像学 ) 。美術作品は一般に形式と内容の2面から成り立つと解されるが,特に図像の内容を記述,規定する学をいう。さらにそこに内在する本質的意味を形式との相関において解釈する学をイコノロジーという。イコノグラフィーはギリシア語のエイコン (像) とグラフェイン (描写する) から成る。古代では肖像画家 (エイコノグラフォス) なる名辞も用いられ (アリストテレスの『詩学』) ,ルネサンスでは古代の著名な人物の肖像に関する学 (Z.ウルジヌス,1569) とされた。他方ボッカチオの『神統記』以来古代の神々の像を記述し体系化する試みが行われる。 16世紀以後はカタコンベなどキリスト教古代美術の発掘,研究が盛んになり,19世紀には主としてこれらの記述,意味の規定をさすようになった (ディドロンの『キリスト教図像学提要』〈1847〉など) 。現代では E.パノフスキーによって提案された図像解釈の3段階の第2段階として定義される。ここでは特定の文化伝統の理解のうえに立って初めて把握される形像の意味内容の記述と体系化がいわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イコノグラフィー(〈ドイツ〉Ikonographie/〈フランス〉iconographie)

図像学。描かれた図像の持つ意味を判定する学問。古くは、ローマ時代の肖像画の主を判定する肖像学。18世紀以降はキリスト教美術の教義的内容を研究する学問であり、現在では、広く美術作品の意味を研究する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

イコノグラフィー

図像学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

イコノグラフィー【iconographie】

古代ギリシャ・ローマ美術の肖像研究。肖像学。肖像の像主を判定する学問。
キリスト教美術を中心とする美術作品の意味・内容に関する研究・学問。図像学。
美術表現にみられる特定のイメージの由来ないし意味に関する研究の総称。図像学。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イコノグラフィー
いこのぐらふぃー
iconography

美術史の一研究方法で、図像の主題や象徴を識別し、比較、分類するものであるが、これから発展したイコノロジー(図像解釈学)とともに、図像学ともよばれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイコノグラフィーの言及

【図像学】より

…図像を記述,解釈する学。図像解釈学ともいう。iconographyとiconologyの語源は,ギリシア語のeikōn(肖像)+graphein(描く),logos(言葉,理法)である。古代には,著名人の肖像の記述,同定を意味した。西洋近世には象徴・寓意像(アレゴリー)の集成がこの名で呼ばれた(C.リーパ《イコノロジア》1593)。近世における,カタコンベ壁画など初期キリスト教美術の発見を機として,キリスト教図像の収集・解釈の努力が始まり,やがて反宗教改革期にはイエズス会修道士らもこれに加わった。…

【バロック美術】より

…バロックは人間の〈情念〉の描出にはじめて目ざめた時代であったといえよう。このため,法悦や苦悩,歓喜や親愛,怒りや憎しみなどを訴えかけるための新たなイコノグラフィー(図像体系)が誕生した。これは,アトリビュート(持物)やシンボルをもって観念を表現する16世紀までのイコノグラフィーに対する変革であり,バロックの最も大きな成果の一つである。…

※「イコノグラフィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イコノグラフィーの関連キーワードニュー・アート・ヒストリーベンチューリ芸術人類学形相祭具

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イコノグラフィーの関連情報