コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イコノロジー iconology

翻訳|iconology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イコノロジー
iconology

図像解釈学と訳される。イコノグラフィーと同じくエイコン (像) とロゴス (言葉) の合成語 (プラトンの『パイドロス』) に発し,ルネサンスには古代以来の神像や寓意像などの象徴的意味を解釈,体系化する試みに進んだ (C.リパの『イコノロギア』,1593) 。この語は E.パノフスキーにより復活させられた。イコノグラフィーの内容が作品の形式と対立するのに対し,より本質的了解は,形式に対する直観的認識と相まって,作品の根底をなす世界観の把握,解釈に進むとされる。そこには E.カッシーラーの唱えた「象徴形式の哲学」が大きく影響し,今日の美術史学の重要な一側面をなすとともに,さらに現在では形象一般の意味論 (セミオロジー) にと発展させられつつある。図像のみならず,建築の形態と機能からその意味を問う建築図像学 (R.クラウトハイマー) も行われている。日本,東洋についても図像学 (→仏教図像学 ) のような伝統が古来からある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イコノロジー(〈フランス〉iconologie)

イコノグラフィーの成果に基づき、美術作品のもつ象徴的価値を解明する学問。図像解釈学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

イコノロジー

図像解釈学。英語アイコノロジーiconology,ドイツ語イコノロギーIkonologie。日本ではフランス語形が慣用される。A.ワールブルクが創唱し,E.パノフスキーをはじめとするワールブルク学派によって展開された。
→関連項目象徴

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

イコノロジー【iconologie】

イコノグラフィーに対し、美術作品が表している、特定の時代の文化や世界観などの深い意味を解明する学問。パノフスキーによって提唱された。図像解釈学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イコノロジー
いこのろじー
iconology

美術史の一研究方法であるイコノグラフィーから発展したもので、図像解釈学ともいう。イコノグラフィーとこのイコノロジーに対して、ともに図像学という用語が用いられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイコノロジーの言及

【図像学】より

…ハンブルクに起こり,後にロンドンに移った彼の学派(ワールブルク研究所)から,優れた研究者が多数出たが(ゴンブリッチ,ザクスルF.Saxlなど),第2次大戦後の学界に決定的影響を与えたのはパノフスキーである。彼はカッシーラーの象徴形式の哲学に多大の影響を受け,普遍的な図像解釈の方法を提案,実践した(《イコノロジー研究》1939)。パノフスキーによれば図像の解釈は,(1)日常的レベルにおける対象の認識,記述(preiconographical description。…

※「イコノロジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イコノロジーの関連キーワードワールブルク(Aby M. Warburg)エルヴィーン パノフスキーニュー・アート・ヒストリーアビー ワールブルクインド美術若桑みどりシャステル三美神形相