コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシダイ イシダイ Oplegnathus fasciatus

3件 の用語解説(イシダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシダイ
イシダイ
Oplegnathus fasciatus

スズキ目イシダイ科の海水魚。全長 50cm余。体は青みがかった淡黒色で,若魚や雌では明瞭な7条の黒色横帯がある。体高は高く,側扁し,口は小さく嘴状に突き出す。沿岸性。雑食性でウニ類など硬い動物を食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イシダイ

イシダイ科の魚。地方名シマダイ,チシャ,ヒサなど。全長65cm余になる。上下の歯は顎骨(がっこつ)と合着し,強固なくちばし状になっていて,ウニや貝類などの硬い動物を好んで食べる。
→関連項目イシガキダイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシダイ
いしだい / 石鯛
Japanese parrot fish
[学]Oplegnathus fasciatus

硬骨魚綱スズキ目イシダイ科に属する海水魚。北海道以南の日本の各地に分布するが、とくに南日本の磯(いそ)に多く、成魚は波の荒い岩場にすむ。全長45センチメートルに達し、体高が高く、著しく側扁(そくへん)する。鱗(うろこ)はきわめて小さい。口は小さく、鳥の嘴(くちばし)のような固い歯がある。この歯は多くの小さい歯が屋根瓦(がわら)を並べたように重なり合って癒合してできたものである。体色は淡い青灰色で、体側に背部から腹方にかけて7条の黒い横縞(よこじま)があるのでシマダイともよばれる。老成魚は横縞は不明瞭(ふめいりょう)となり、口辺が黒ずんでくるのでクログチ、クチグロとよばれる。初夏のころ外海に面した岸近くで、日没時に産卵する。卵は直径約0.9ミリメートルの浮性卵で、孵化(ふか)した稚魚は全長9ミリメートルぐらいになるとホンダワラなどの流れ藻の下に集まり、浮遊性の甲殻類を食べて成長する。全長4~5センチメートルになると流れ藻を離れ、海岸近くを数尾群れをなして遊泳する。このころには横縞がはっきり現れ、臼歯(きゅうし)は8列に並び、コケムシや海藻などを雑食する。全長15センチメートルぐらいに成長するとイシダイ特有の嘴状の歯を備えるようになり、岩場に移ってサザエ、アワビ、ウニ、フジツボ、カニなどをかみ砕いて食べる。人になれやすい魚で、水族館ではよく飼育されている。ほかの魚より知能が高く、餌(えさ)で手なづけ、条件反射を利用して、玉ころがしや輪くぐりなどの芸をさせて人気を集めている。価値の高い食用魚であり、近年この魚の養殖技術が開発され、人工的に種苗の育成が可能となった。九州方面の水産試験場などでは多数の種苗が生産され、これを各地の海域に放流し、イシダイの増産が図られている。同科の近似種に、体側の斑紋(はんもん)が石垣模様になるイシガキダイがある。[片山正夫]

料理

体側に7本の黒線がみられるが、30~40センチメートルくらいの大きさになると、側線がはっきりみえない。この程度のものが味がいい。夏に味が増す。関西ではハフ、紀州(和歌山県)ではイワシナベという異名がある。北海道ではシマダイというが、東京でシマダイというとタカノハダイをさす。刺身、洗い、煮物にする。焼くと肉が固くなるので、塩焼きにはあまりされない。養殖物もあり、味は天然物に劣るが、肉はわりあいに柔らかい。[多田鉄之助]

釣り

磯の大物釣りの代表魚。水温16℃から22℃あたりが就餌(しゅうじ)もよく、春から秋にかけてが釣り期である。5メートル級のイシダイ用竿(さお)に、両軸受型の磯大物用リールをセットする。道糸は標準の太さ14~16号を150メートルとするが、大形魚の多い釣り場では20号から30号という太いものにする。仕掛けは、オモリが上下に移動する遊動式、天秤(てんびん)の遊動、胴づき式もある。釣り場が岩礁帯の海溝なので、鉤(はり)やオモリが底掛りすることもあり、これが多いときは胴づき式でやったほうが無難である。鉤はイシダイ鉤12~15号が基本で、大形魚には16~20号を用いる。この鉤を結ぶ糸は一般にイシダイ用ワイヤ7本撚(よ)り38番から40番を用いる。中小形の魚では、ナイロン糸10~16号のハリスにすることもある。餌はサザエ、トコブシの身、イセエビ、ヤドカリ、ウニ、カラスガイ、アカガイなど。釣り場の第一条件は、海流の影響を受ける磯で、50メートルほど沖で水深10~50メートルぐらいある岩礁帯。釣り場によっては渡船で沖に浮かぶ小島に上陸して釣る。単独行は避け、救命具など海難防止対策を万全にしたうえで釣り始める。魚信は、置き竿の場合は、竿先にくる小さな前触れから、ぐうっと持ち込まれるときに大きくあわせて竿を立て、一気にリールを巻く。魚を鉤にかけて、一瞬気を抜くと、魚は海溝に逃げ込んで、出てこなくなって失敗する。[松田年雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシダイの関連キーワード甘鯛石鯛糸縒鯛疣鯛巾着鯛金時鯛雀鯛笛鯛イトヨリソコイトヨリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イシダイの関連情報