コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソギク

2件 の用語解説(イソギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イソギク

キク科の多年草。関東〜中部地方南部の海岸の崖にはえる。茎は曲がって斜上し,高さ30〜40cm。葉は上部がやや浅く羽状に裂け,裏面は銀白色。頭花は黄色で径5〜7mm,筒状の両性花と,筒状(時に舌状)の雌花からなり,散房状に密集する。
→関連項目キク(菊)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソギク
いそぎく / 磯菊
[学]Chrysanthemum pacificum (Nakai) Kitam.

キク科の多年草。海岸の崖(がけ)に生え、細長い地下茎を出す。茎は叢生(そうせい)し、高さ30~40センチメートル、上部まで密に葉をつける。葉は厚く、表面は緑色、裏面は毛を密生し銀白色である。花は普通多数の筒状花からなる頭花で、散房状に多数つき、10~12月に開く。千葉県犬吠埼(いぬぼうさき)から静岡県御前崎(おまえざき)に至る太平洋岸に分布。花期が長く、葉も美しいのでよく栽培される。また栽培のキクとも自然に交雑してさまざまな雑種を生じ、この雑種の一部が古くから栽培されている。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイソギクの言及

【ハマギク(浜菊)】より

…瘦果には5本の条があり,水に浸すとふくれて粘る。(2)イソギクC.pacificum Nakai (イラスト)海岸の崖に生える多年草。茎は曲がって斜上し,高さ30~60cmで,上部まで密に葉を互生する。…

※「イソギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イソギクの関連キーワードツワブキ透百合野路菊反魂草山艾わだん潮菊八丈菜アシタバキク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone